あるがままの自分に、YES と言える場所

「といてら」をスタートします

toiee lab は、小さな小さな「夢」から始まりました。

小さな小さな夢は、夢というよりも「可能性を信じたい」という祈りでした。自分たちの人生を全力投入できる「何か」を見つけ、チャレンジしたい。ワクワクすることを、本業にして、行けるところまで行きたい。

ひとつ間違えると、ちょっとしたボヤを起こしかねない「小さな小さな炎」を頼りに、たくさんのことにチャレンジしてきました。

何度も、何度も「これが広がったらすごいことになる!」と希望を持ち、失敗し、その繰り返しでした。それでも、すぐに次!と言って行動をし続けました。

そして、ある日、ふっと立ち止まって考えました。

「なぜ、私たちは、これほど頑張っているのか?」

「私たちに、次の一歩を踏み出させるものは何か?」

そんな問いをした時、私たちの「可能性を信じたい」という祈りは、「具体的な行動」に変わり始めました。

ペイフォワード

私たちが、生きる目的

ある日、一回りも年の違う若いメンバーが言いました。

「亀田さんをはじめ、多くの人たちにしてもらったことを、
自分も誰かにしたい」

そんな純粋な言葉を聞いた時、私がしていることを振り返しました。私がやっていることは、何か?

「私がしてもらったことを、次の人にしているだけ」

多くの恩師が、私にしてくれたことを、もっと多くの人が受け取れるように整理して、次の人に渡す。ただ、それが私の仕事なのだと、気づかされました。

私たちができること、もっと言えば

人類がやっていることは、究極的には「ペイフォワード」だろう。仕事、生きるとは、自分がもらったものを、なるべく発展させて次へ

こんな当たり前のことに気づきました。

私たちがされて、嬉しかったこと

あるがままの自分を受容してもらう

では、私たちがしてもらって「嬉しかったことの中でで、自分たちが発展させ、次へ渡せることとはなんだろう?」と考え時、2つのことが思い当たりました。

一つは、 toiee lab で進めている「学ぶことを、根本的に変えてしまう学習理論」と、その理論を体現した教材を広げていくことです。

そして、もう一つは「本当の学びの場」が持つ「すごい可能性」を、多くの人に提供することです。

その「すごい可能性」は、何かが学べるようになる、素早くスキルが身につくとか、そんな次元ではありません。

もっと人を幸せにできる可能性、それが「学びの場」にはあります。それは、

「あるがままの自分でいることができる、深い受容の場」
「あるがままの自分にYesと言える場」

です。

人が集まってしか生まれない、学ぶ場がもつ可能性

違いをあるがまま受け入れ、創造性に転換する

深い学習が引き起こる場は、具体的なスキル知識が短時間で学べる、という以上の大切な「何か」を示唆しています。それは「人と人が集まって、同じ空間で学ぶ」時にしかできない、何かがあるということです。

深い議論や学びを引き起こすには、「自分が持つ前提や価値観」を明らかにし、他の人と比較してみることが欠かせません。その結果、「あるがままの自分」を発露することになります。

そのようなプロセスの結果、

を目の当たりにし、多様性の大切さを「体験として知る」ことになります。

多様化する価値観がぶつかり合い、断絶が起こりやすい現代において、この発見は大きな価値と可能性があると、私たちは信じています。

言葉で「多様性が大切」「あるがままの自分が大切」と言われても、それは学ぶことはできません。多様性を目の当たりにし、それが生み出すものを目の当たりにする体験なしには、何も語ることはできません。

現代の寺子屋「といてら」

といてら 6原則

深い学びの場は、もちろん「知識や技術」を学ぶ場としても機能します。さらに「お互いを理解し合う場」としても機能します。さらに、失われつつある「地域コミュニティ」の役割を果たす可能性すらあります。

NHKのテレビ番組、白熱教室で有名なマイケル・サンデル教授が指摘するように、私たちと政治も新しい局面を迎えつつあります。多様化した時代、もっと豊かな暮らしをするなら、今の政治システムそのものを考え直す必要があります。

例えば、投票というマジョリティ優先のパラダイムは2500年前と変わりません。さらに「選択の不可能性の研究」から考えても、古すぎるパラダイムと言わざるを得ません。

ではどうしたらいいか?

新しい何かを創造することが必要ですが、それは人任せにはできません。一人ひとりが、本質的な民主主義、政治、正義、哲学などを理解し、議論の仕方を学び、創造の方法を学ぶことが欠かせません。

そんな壮大なことは、一夜にしてできることはありません。
しかし、不可能ではないとも思っています。

かつて、ほとんど死人を出さず明治維新という革命を実行し、その後、近代化を成功させた立役者の一つ「寺子屋」のような活動があれば、時間はかかっても可能だと私たちは考えています。

そんな可能性を拓くために、私たちは「といてら」をスタートさせました。そして、以下の6原則を定義しました。

1. オープンなコミュニティとする

2. 多様性を受容する場とする

3. 相互理解と協力の場とする

4. 教育を与えられる場ではなく、学ぶ場とする

5. コミュニティは模範を示す存在であること

6. 以上ができなければ、コミュニティは解散する

まずは、といてら関大前から

あなたの参加をお待ちしています

といてらは、民間の活動です。

経済面も、社会面も同時に満たすチャレンジです。でも、そんなに難しくないと思っています。かつて日本を育てた明治生まれの人々は皆、「経済面も、社会面も両方を豊かに」してきました。

彼らがやってきたことを、もう一度、私たちが現代らしく取り組むだけのことだと思います。

失敗もたくさんするでしょう。でも、その度に「学び続ける」ことができます。あなたと一緒に学び、成長し、あるがままの自分にYESと言えるように、といてらを始めます。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください