【Story】お金を理由にしない生き方

【Story】お金を理由にしない生き方

今から十数年前、
 私が、大学一年生の時です。

私は、母に信じられないぐらい怒られました。

今まで、見たことがないぐらい、
失望の念、ため息、苛立ちをぶつけられました。

その時のことを思い出すと、今でも「ゾッ」としますが、一方で「温かい気持ち」になります。

カネのかかる学業をしてました

母子家庭で9年も大学にいました

私の家は母子家庭でした。

今では、シングルマザーの貧困などが新聞などで取り上げられていますが、今から20年前に、その先駆け(?)で、母子家庭をしていました。

私の母は、保育士として働き、息子二人を大学に入れました。
そして私に至っては、

  • 私立の大学に進み
  • 私立の大学院に進み
  • 私立の博士課程に進み
  • 短期ですがKAIST(韓国の大学院大学)、コロラド大学(アメリカ)に留学し
  • 博士号を取得する

というところまで、学業をさせてもらえました。

はっきり言って、「お金のかかるコース」を歩みました。父の離婚の慰謝料があったわけでも、裕福な家系でもなく、母の腕っぷしと、幾つかの支援によって「非常にお金のかかる学業」を修了しました。

このようなコースを歩めた大きな理由は「お金に対する明確な方針」があったからです。

お金は理由にならない!

亀田家では、以下のようなお金の方針がありました。それは、

  1. やりたいことがあったら、お金を出す
  2. もし、お金がなければ、お金を作る方法を考える
  3. もし、お金を作れなかったら、お金がかからない方法を考える
  4. お金を理由に、やりたいことをあきらめない

この4ヶ条を母子家庭になってからも、よく言われていました。ところが、

母に無用な遠慮をした結果・・・

そんなことを叩き込まれていたのに、大学生の時、母に遠慮して「お金がかかるから、ちょっとやめとこう」という決断をしたことがあります。

その選択を知った母は、すごく悲しそうに、そして苛立ちも含め、再度こう言いました。

「我が家の方針はわかっているでしょ?」 
「やりたいことがあったら、遠慮せず言う」 
「本当にやりたいことのためだったら、お金は惜しまず出す」
 「お金がないなら、作る方法を考えればいい」 
「作る方法がなければ、お金がかからない方法を考えればいい」
 「お金の理由に、やりたいことを諦めるなんて、しょうもない」 
「あなたの頭は、何のためにあるの?考えなさい」

私は、頭をガツンとされ、ハッとしました。

それ以来、このルールをずっと守り続け、学業をしてきました。残念ながら修士課程の時は、大学生時代の研究業績ではなく、成績で評価されたため、奨学金を受け取れませんでしたが、博士課程の時は堂々といただきました。

また、研究助成金をもらえたり、恩師の友達の社長さんのシステムを作って2週間のアルバイトで50万円をいただいたりしながら、国際学会に参加し、コンピュータを購入し、研究を続けられました。

このお金の方針を持って、たった30万円の資金から起業し、2万人以上の方にシステムやサービスを購入してもらい、やりたいこと(今、toieeで取り組んでいること)をするだけの資金(2,000万円ぐらい使いました)を揃えました。

学習ファシリテーター講座の費用の心配はしないでください

今、学習ファシリテーター養成講座を行っていますが、たくさんの方からお問い合わせを頂いています。

  • 今やっている仕事とは別に、新しい人生の目標になりそう
  • もっと社会に貢献できるチャンスが得られそう
  • 今のビジネスにもっと活かせそう
  • 自分の顧客、生徒さんに、もっと貢献できそう

と期待して、興味を持ってくださいますが、、、一番多いお問い合わせが

  • お金に関して

です。学習ファシリテーター養成講座は、決して安くありません。それは、これまでの研究成果を全部投入し、スタッフも参加し、私の時間も拘束し、少人数で学ぶワークショップだから、どうしても費用は高くなります。

また、それだけの価値を提供するので「リーズナブル」だと思っていますが、それでも「額だけ見れば」気軽にクリック、購入というわけにはいきません。

本当にやりたいなら、諦めるな

イエス・キリストが言いました。

「自分がしてもらって嬉しいことを、他に施しなさい」 (ゴールデンルール) — イエス・キリスト

つまり、私がされて嬉しかったこと、母からしてもらったことを、「学習ファシリテーターに興味があるけど、お金を心配しているあなた」にしたいと思います。

  • やりたいことがあったら、お金を惜しまず投資しなさい
  • お金がなかったら、お金を作る方法を考えなさい
  • お金を作る方法がなかったら、お金がかからない方法を考えなさい
  • お金を基準に、やりたいことを諦めるな

一つの解決策があります

既に実例があり、あなた次第です

お金を作る方法があります。それは、とてもシンプルですが、簡単ではありません。

まず、あなたが「なぜ、学習ファシリテーターになりたいか?」をちゃんと人に話せるぐらい整理します。

そして、あなたの支援者を集めます。その時、こう伝えてください。

  • 私は学習ファシリテーターになりたいのです
  • なぜなら、___________ だからです
  • そして、 toiee の学習ファシリテーター養成講座を受講すると、17の教材を使えるようになります
  • その教材を使って、あなたに講座を提供します
  • もし、このリストに受けたいものがあったら、私を支援してくれませんか?
  • つまり、受講料の一部を負担してくれませんか?
  • そして、もし共感してくれたのなら、誰かを紹介してくれませんか?
  • その方にも、同じように講座を提供します

こうやって、支援者を10人集めれば、

  • 学習ファシリテーター講座の受講料
  • 交通費、食費、宿泊費などの雑費

を集めることは、難しくないと思います。

もし、経営者の方に支援してもらえれば、一人で負担してくれる可能性すらあります。また、経営者の友達は、経営者です。三人で負担すれば、余裕と感じてくれるでしょう。

応援してもらえば、独立も簡単になります

もし、支援者を集めて講座を受講できれば、お金の問題が解決するだけでなく、将来のお客さんの集客にもなります。

支援者の方は、あなたのビジョンに共感しない限り、お金を出しません。つまり、あなたに支援してくれた方は、あなたが能力を磨き、人に紹介できるぐらいに成長したら、お願いしなくても、「ドンドンドン紹介」をしてくれます。

応援してもらえるようにすることは、Win-Winになる可能性を秘めています。そして、支援者を集める間に、あなたのセールストーク(ビジョントーク)は、磨かれていき、あなた自身のセルフイメージを変化させます。

私たちは、研究機関です

あなたの可能性を誰よりも信じています

私たちは自分たちのことを「フランチャイズを作る企業」ではなく、「明日の社会を担う教育の研究、開発を行う『研究機関』」だと思っています。

従って、よくあるライセンスビジネスのように、

  • 講座を開くたびに、認定証発行によって「ライセンス料」をもらう

ようなことはしません。教材は研究成果です。従って、購入後、あなたが改良したり、アレンジしてもOKです。

また、私たちのことを紹介してくださったら嬉しいですが、「あなたの名前をつけた講座」にしてくれても構いません。(ただし、私たちが認定しているというラベルはつきません。あくまでも講座を修了しただけ。卒業証書を持っているだけという形でお願いします)

これは、一見不安になるかもれませんが、「本部の権威に依存」しても、うまくいきません。現にそのようなビジネスは、ほとんどうまくいきません。

原因は、決められた講座をただやるだけでは、人は飛躍的な成長はできないからです

あなたなりに工夫し、何度も試し、改善することで、「トップレベルの学習ファシリテーター」になることができます。

私たちは、あなたの可能性を、人の学ぶ可能性を信じる組織です。その原則は、ファシリテーターの方にも適用されます。

つまり、ファシリテーターが成長できる機会を提供することです。

学習が起きるとき

講座内で触れますが、人が何かを学ぶときは「限界を超えたとき」だけです。それ以外、つまり能力範囲内のことは、「過去の記憶を再生するだけ」で対処できます。ですから、常に限界を少し超えるようなことをしていかないと、

  • 飛躍的な学習どころか、学習すら起こらない

という厳格な事実があります。

toiee の学習ファシリテーターになり、ご自身で教材を研究し、自分の足で歩む時、初めてあなたは学習が起こり、夢を生きることになると思います。

本当に、やりたいなら諦めないでください

以上のアイデアは、すでに私の知人に話し、実証済みです。彼は支援者を集め、講座を無料(自分ではお金を出さず)で受講します。そして、講座を待っている顧客がいます。

もし、あなたが

  • 誰かを成長させたり、
  • 学べなかったことを学べるようなった時の「笑顔」を見たい
  • 明日の社会を担う教育で何かをやってみたい

なら、夢をあきらめないでください。

もちろん、私たちの講座が、唯一の答えではありません。他にも方法はいくらでもあります。

最後に、母の言葉をもう一度掲載します。

  • やりたいことがあったら、お金を惜しまず投資しなさい
  • お金がなかったら、お金を作る方法を考えなさい
  • お金を作る方法がなかったら、お金がかからない方法を考えなさい
  • お金を基準に、やりたいことを諦めるな

もし私たちを選択される場合は、学習ファシリテーター養成講座でお会いできることを楽しみにしております。

>>> 学習ファシリテーター養成講座はこちら <<<

toiee代表・亀田学広

追伸

教員割引は、公的機関のためにあります

それでもお金の問題を解決できないかと、学校法人、公立学校でないけれども、スクールに所属している(ビジネス系)ので、教員割引ができないか?と問い合わせがあります。さらに、分割支払いについても、たくさんのお問い合わせがあります。

まず、教員割引は、私たちの研究成果を一般教育に還元するための制度です。ですから、教員のためにあります。ビジネスの方は、ご自身の裁量で、報酬を増やせるチャンスがあるので、ご利用できません。

その代わり、上記のアイデアを実行して「ビジネスという社会を良くする最良の方法の一つ」を採用してください。

私はビジネスが好きです。あなたのビジネスの能力も、アップできる講座がありますので、ご利用ください。

>>> 学習ファシリテーター養成講座はこちら <<<

toiee Lab では、様々な分野を「もっと楽しく、もっと早く、もっと深く」学べるように研究し、その成果を公開しています。まずは、「toiee Lab独自の学習理論」についてのオンラインコースをどうぞ。無料登録はこちら

toiee Labとは | サービス一覧 | お問い合わせ



コメントを残す