このままで、いいのかな。

忙しい毎日の中で、ふと、そう思うことはありませんか?

そして、
「俺の人生、私の人生、このまま終わるのは嫌だ。」

そう思って、本屋さんに行って自己啓発本やビジネス書を買ってみたり、ネットで効果が高そうなオンライン学習を、購入してみたりしますよね。

探し回って、やっと出会った教材を使って、仕事終わりの疲れた体に鞭を打って、忙しいスケジュールを調整して、勉強します。

でも、どれだけ勉強したいと思っても、仕事が減ることはありません。

会議が長引いたり、思わぬ会食が入ったり、家のことをしたり…
気が付けば、勉強する時間がなくなっていませんか?

思うように、勉強する時間がとれませんよね?

そして、後ろめたさを感じながらも「忙しいから、仕方がないか…。」と、自分を納得させます。

勉強する間隔が、3日、4日と延びて…気がつけば、高いお金を出して買った教材を開かずに、3ヶ月が経っていた。

そんな経験はありませんか?

結局「このままじゃ嫌だ。」と思った時と、状況はあまり変わっていませんよね。

でも、それはあなたが自分に甘いのではなく、生きていく上で、仕事を辞めることはできず、働いている以上、そうなって当たり前なんです。

勉強する時間を作るのは、難しくて当たり前なんです。

では、どうしたらいいのでしょうか?

仕事に学習を組み込む

何かを勉強する時に、ついつい、やらなければいけないこと(仕事、会食、家事etc…)以外の時間で勉強しようとしませんか?

実は、継続して何かを学ぶには「毎日の仕事(やらなければいけないこと)の中に、学びたいものを無理やり組み込む」ことが大切です。

例えば、普段の仕事では、営業をしているあなたが、ずっとやりたかった動画作成の勉強をしていたとします。

毎日の仕事は、営業なので、もちろん動画を仕事の中で撮るタイミングはありません。

そこで、無理やり動画を撮る仕事を、自分で作ります。
例えば、お願いされてもいない、自社のPR動画を勝手に作るのです。

自社と繋がりの深いお得意さんにお願いして、インタビューさせてもらったり、自社の商品を使ってくれているお客さんのところへ、お話を聞きに行ったり、社内で「もっと商品を良くしよう」と議論している社員を撮っても面白いかもしれません。

営業活動の範囲内で、作成できるPR動画を作ります。

その時に、ただ本やオンライン学習で学んだことをするのではなく、自分なりに「こうしたらもっと良くなるんじゃないか」「この機能とこの機能、合わせて使うと面白いかも!」と、『どうしたらお客さんに、自社の魅力が伝わるか』と、学んだ内容を工夫しながら実践します。

そうすることで、本やオンライン学習を継続して勉強できるだけでなく、習った以上の学びを手にいれることができます。

もしかしたら、出来上がった動画は、PR動画として使われないかもしれません。
でも、PR動画を作成する中で、本やオンライン学習で学んだ内容を実践できますよね?

これで、会議が延長したり、予想外の会食が入っても、諦めることなく勉強を続けることができます。

教材で学ぶ以上の学びを、手に入れることが可能です。

でも・・・

とは言われても

「仕事への組み込んだら、仕事の邪魔になるんじゃないか」
「仕事の質が低下するんじゃないか?」

って思いますよね。。?

でも、一度考えてみてください。

動画を撮影することで、いつも以上に自分の仕事と向き合いませんか?

いつも挨拶と小話しかしなかったお得意さんに、インタビューをする中で、仕事に対しての深い想いや、自社に対して抱いていた本音を話してくれるかもしれません。

普段あまり会話を交わさない部署の仲間を撮影する中で、仲間の意外な一面に出会えるかもしれません。

そんな話をしたり、そんな一面を見る中で、今まで抱いていた自分の「仕事に対しての想い」が、ガラッと変わるかもしれません。

動画を撮ることで、いつもと違う仕事を組み込むことになり、違う仕事することで、今まで見えなかったものが見えたり、新しい発見があったりします。

今までなかった新たな視点から、自分の仕事を見られるようになります。

これって、仕事の邪魔や質を低下させることに、なるのでしょうか。。?

自分の会社にプラスになるように、仕事に「学びたいことを組み込む」ことは、会社にとっても、自分にとっても良いことであり、それこそが、継続的な学習環境を作り、スキルが向上するのだと、私たちは思います。

toiee Labの教材が、すべて叶えます。

とは言われても、世の中の教材は、仕事に組み込める形にして作られてはいません。

本やパソコンの前にかじりついて勉強するように設計されているため、実際に勉強した内容を、実践する場を自分で作らなくてはいけません。

また、自分で仕事に組み込める大きさにワークを分解し、仕事の中で実践し、探求しなければいけません。

勉強するためには、少し手間ですね。

そこで、toiee Labでは、すべての教材を、仕事に組み込めるかたちに設計しました。
また、どのタイミングで仕事や活動に組み込んだらいいのか、アイデアが生まれるようなワークを準備しています。

つまり・・・

1、20分程度で各パートの学習を終えて
2、すぐに仕事で実践

することが、できます。

また、仕事中に「あれ、なんだったっけ?」と、パソコンや携帯を開いて、わざわざ教材内容を確認することは、少し手間ですよね。

そこで、すぐに勉強した内容を振り返られるように、教材内容を一枚のスライドにまとめました。

分かりやすくイラストや、写真でまとめているので、パッと見て内容を思い出すことができます。

・スライドを印刷してポケットに忍ばせてもオッケー
・スマホでスクリーンショットをして、保存してもオッケー

です。

これで「いつでも、どこでも、すぐに」教材内容を確認し、実践できます。

私たちは、教材とは、あなたに成果が出してもらえて初めて、教材だと言えると思っています。

本当の意味で「いつでも・どこでも・学べるオンライン教材」それが、toiee Web寺子屋です。

toiee Web寺子屋

toiee Web寺子屋へは、以下の2つからアクセスできます。

・個別購入 …必要なコースを一つひとつ個別で購入して受講する。
・月額会員 …月額費を払って、全てのコースを受講する。

【お申し込みは、こちら】
http://toiee.teachable.com/pages/plan

「まずは、試してみたい!」という方は、登録して無料で講座をひとつゲットできます。

まずは、講座をひとつ受けて、新しい学び方を体感してください。

【無料登録は、こちら】
http://toiee.teachable.com

追伸:

結局は、toiee Labの教材を使わなくても「仕事に学習(学びたいもの)を組み込む」ことで、継続的な学習環境が作れ、スキルが向上し、結果に反映されます。

誰でも欲しいスキルを手に入れて、なりたい自分になれるということです。

学びを、仕事に組み込む大きさに分解することは、そんなに難しいことではありません。

とりあえず、今手元にある教材に書いてある課題を、仕事に組み込んでやってみてください。(例、自社PR動画を作るetc)

30分程度で終わる大きさが、丁度良い課題の大きさです。
30分で終わらなければ、ワークが大きすぎるということです。

その時は、ワークを三等分にしてみてください。
すると、丁度良い大きさになると思います。

それでダメであれば、もう三等分…

もうお分かりかと思いますが、、要は、根気強く自分の仕事に組み込める程度にワークの大きさを調整し、実践をする。

これが、大切です。成果を上げるには、根気強くやることが一番大切です。

でも、仕事や毎日の活動で「ワークの大きさを調整して…いつ組み込むか考えて…」そんなことを考える時間は、なかなかないという方や、ワークをすることだけに時間を使いたいという方も、いらっしゃると思います。

そんな方に、toiee Labを活用していだければと思います。
toiee Labは、最終手段。

皆さんが活躍する日を楽しみに、私もここから情報発信をしていきます。
これからよろしくお願いします。

Twitter、始めました。

以上です。



コメントを残す