諦めた夢に、エンジンを。

こんにちは。
toiee Lab木村です。

実は最近、押し花を始めました。

亀田を「おじさん」呼ばわりする、一見、生意気そうな私ですが笑…花屋さんで、アルバイトをさせてもらったこともあるくらい、花が好きなんです。(意外ですよね〜笑)

自分では、思いもつかなかった、色の組み合わせや、グラデーション、形がある花の世界は、見ればみるほど面白いです。

そんな、花の世界を知って、

「私も、何かを表現したい」

と、美大を志したのは、高校生の頃でした。

しかし、美大の試験では、デッサンが必須にも関わらず、私は大の苦手で、高校2年生の春から、デッサンの練習を始めました。

しかし、どれだけ書いても、

・かぼちゃを描いたつもりが、スイカの絵になり
・球体を描いたつもりが、なんの立体感もない、石ころの絵に

なりました。

心挫けそうになりながらも「大学のため」と、必死に頑張っていたある日、母から言われた一言で、私は美大に行くことを、諦めました。

「センスがない」

私の母は、高校で美術を専攻していました。

花を好きになったのも、母の影響で、今思えば、美大を志したのも、母の影響だったのかもしれません。

そんな大好きな母に言われたのは、「実和は、センスないね」という一言でした。

この一言で、張り詰めていた糸が切れたような、背負っていた荷物に押しつぶされたような、そんな気持ちになりました。

この時、自分には「センスがないんだ」と、美大に行くことを諦めました。

それ以来、何度か絵を描こうと、筆を買ったり、スケッチブックを買ったりしましたが、なぜだか、うまくいかなくなると、すぐに投げ出してしまいます。

テスト勉強会で、開眼しました

そんなある日、toiee Labで、動画講座を開催しました。

その日は、iPhoneを3ヶ月前に購入された方が参加されていたのですが、

「私でも、大丈夫ですか??」「できる気がしない…」

と、見ているこちらも不安になるくらいに、不安そうでした。でも、勉強会がスタートすると…

iMovieという、動画の製作代行の人が使ったりするアプリを、難なく使って動画を作成。何十本も動画を切っては、貼り付けて…動画をいい感じに加工して、BGMを読み込んで、フェードアウトして…

と、さっきまで不安がってたと思えないくらいに、勉強会に没頭していました。

終わった後、その方が私のそばへ来て、ある話をして下さいました。

自分の「諦めた夢」

その方は、60歳くらいの男性の方で、20代の頃からずっと子育てに追われて、やりたかったことから目を背けていた、と。

気がついたら、60歳になっていて、夢どころか「もう自分には、何もかも無理だ」と、思ったそうです。

「でも、今日をきっかけに、自分のやりたい事にチャレンジしようと、思えたよ。ありがとう。」

と、おっしゃって下さいました。

小さなきっかけが、大きな変化に

帰り際、「これからこんな事をしよう」と、嬉しそうに、これから先の計画を話してくれたその人の姿が、とても印象的で、動画作成スキルとは違う「何か」を持って帰られたのだと思いました。

そして、私もまた、その方から大切なことを教えていただきました。

少し遠ざけていた、美術に近寄ろうと、久しぶり思えたのです。

前のように、普段の生活の中で「ついつい見落としてしまう大切なもの」を集めて、何らかの形で発信していきたいと思います。

諦めていませんか?

私たちの動画・写真の講座は、動画や写真をただマスターするだけでなく

・「自分を表現する」という楽しさ
・あなたの中の「秘めたアーティスト魂」

を、感じていただけます。

私たちは、すべての人に「表現する才能」があると、信じています。

動画作成スキルはもちろんのこと、あなたの中の「諦めた夢」に、またエンジンをかける、お手伝いができたら、嬉しいです。

「といてら」で一緒に学びませんか?

私たちtoiee Labは、研究所です。研究が、主な仕事です。

そのため、私たちがワークショップを開くことは、今後ほとんどありません。しかし、私たちは「チーム」を作りました。

ラーニングファシリテーションと呼ばれる新しい「先生」を育てました。
彼らとともに、全国各地、さらには世界中で、新しい学びの場を広げる「といてら」というプロジェクトをスタートしました。

今後、彼らとともに、テック系、ビジネス系、思考系、基礎教科など、あらゆる分野のといてらを開催します。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください