ITサポート

リダイレクトが多すぎるエラーの解決方法

「リダイレクトが多すぎます」と表示されてしまう場合の対処方法について説明します。以下の情報を参考に解決を試みてください。

リダイレクトとは?

リダイレクトとは、「転送」のことです。例えば、 https://meidium.com/toiee-lab にアクセスしても、そのページは表示されず、 https://toiee.jp に自動的に移動し、表示されます。

このような仕組みを「転送」= リダイレクトといいます。

リダイレクトが多すぎるとは?

このような転送が、何度も、何度も行われると「リダイレクトが多すぎる」と表示されます。リダイレクトが多すぎると判定される場合、大抵場合は、

と、繰り返しが起こってしまっていることが殆どです。

よくある原因と解決方法

WordPressの「サイトURL」「ホームURL」が違う

WordPressの「設定」と「実際の表示しようとするページ」が違う時、リダイレクトが起こります。.htaccess や DNS で、強制的に転送をかけていると、何度もリダイレクトをして、抜け出せなくなり、エラーとなることがあります。

以下のような場合、「サイトURL」「ホームURL」の修正を試してください。

この場合、サイトURLを修正してください。方法は、ネットなどで検索すれば出てきます。

.htaccess の設定がおかしい

SEO関連のプラグインや、キャッシュ(高速化)のプラグインを使った場合、.htaccess が書き換えられます。この書き換えたものが原因で、様々な不具合が発生することがあります。

SEO系プラグインを使っている場合は、 .htaccess ファイルをチェックして、初期設定に戻すなど試してください。

上位ディレクトリの .htaccss が原因

さくらレンタルサーバーや、ロリポップは、公開フォルダの中に、独自ドメインの公開フォルダを自由に作れます。その結果、「初期の公開フォルダに、意味もわからず、 .htaccess を設置してしまい、それが下部フォルダでも有効になっている」状態で、問題を引き起こすことがあります。

この場合、上位の .htaccess をチェックして、削除するなり、修正してください。

もっとWordPressを学ぶ

私たちは、「忙しい現代人向けに、最高の学び直しの体験を提供する」をテーマに「スクラム」という中長期カリキュラムを提供しています。

そのカリキュラムの中で使う「教材」の一部を無料で公開しています。

音声教材ですので、車の運転中や、移動時間、洗濯や料理などの家事の時間にも使っていただけます。音声を聞くだけでも多くの学びがあるように収録しております。

ぜひ、気になる教材をクリックして試してみてください。

↓クリックして、インプット教材で学ぶ

WordPress テンプレートタグ探求

WordPress テーマ構造

WordPressをCMSとしてカスタマイズしよう

いいね: