その知識は、あなたにとってすでに必要かもしれない

優秀な人はなぜ学び続けるのか?

その知識は、あなたにとってすでに必要かもしれない

優秀な人はなぜ学び続けるのか?

私には、まだ就職する前に出逢った優秀な先輩がいます。

仕事ができる先輩は、

  • カスタマーサポートで顧客からよく感謝され
  • Webサイトを作り
  • 写真・動画を撮影して編集し、
  • ビジネスモデルを人に教える

と、様々な知識・スキルを駆使して仕事をしています。

現在は、会社から独立して仕事をしている、とても高い能力があって優秀な人です。

そんな先輩と久しぶりに会って

先日、その先輩とお会いして、一緒にご飯を食べている時に、最近学んでいることについての話になりました。

  • 先輩「最近、[某オンライン学習サービス]使っててさ、いろんな動画買ってみて、今学んでる」
  • 私「何を学んでいるんですか?」
  • 先輩「プログラミングについて、もう少し理解しておこうと思ってね。今はPythonを学んでるよ。あとはAI。機械学習とか…」
  • 私「(すごい…またいろんな分野を学んでる)」
  • 先輩「今何学んでるの?」
  • 私「えーっと…仕事で文章書き始めたくらいで、そんなに…」

最近の私は、学ぶことを心のどこかで億劫に思っていました。本を買うだけで大して読まず、実践もせず、仕事もタスクをこなすことだけを考えていたのです。

質問に答えあぐねた私は、苦しまぎれに仕事内容の話をしてしまいました。

「どうして先輩は、学び続けられるのだろう?」

問いが浮かんだ私は、先輩と会った帰り道、学ぶことに対して、自分がどう考えてきたかを振り返りました。

優秀な人も、普通な人も、「必要性を感じて学ぶ」

私の場合、何かを学ぶ時は大抵、「必要だ、学ばなくては」と思う時です。

「必要な時」とは、例えば、

  • 「マーケティングの部署に移動したから、マーケティングを学ばなくては…」
  • 「仕事で外国人とやりとりすることになったから、英語力を磨かなくては…」

という状況になった時です。

とはいえ、これは私の現在の見解ですが、「必要性を感じて学ぶ」に関しては、私のような普通の人も、先輩のような優秀な人も同じだと思います。

趣味か、学ぶことに生きがいを感じているのではない限り、誰だって何らかの理由で必要性を感じた時に学ぶはずです。

では、優秀な人と、普通の人との違いは何でしょうか?

「すでに『その知識は必要だ』と思っているから」

この言葉は、toiee Lab社員が、「なぜ学び続けるんですか?」と所長亀田に訊いた時の亀田の答えです。

当時は、「なるほどな〜」くらいにしか思っていませんでした。しかし、よくよく考えてみると、優秀な人と普通な人の違いを表していると思いました。

これまで私が出逢ってきた優秀な人たちのことを考えてみると、みな、

「必要だと思うタイミング」が、普通の人よりかなり早い

のです。

優秀な人は、どうして必要だと思うタイミングが早いのでしょうか?

おそらく、ゴールが高いこと が大きな要因だと私は思います。

高いゴールは、現状でも十分達成可能な簡単なものではないので、達成するために様々な知識や能力が必要になります。それゆえに、学び続けることの必要性を確信しているのだと思います。

「社会のテストで100点を取る」というゴールを持っている学生と、「少子高齢社会の問題を解決する」というゴールを持っている学生、どちらのゴールが高いでしょうか。

もちろん後者ですよね。前者の学生は、授業で出た範囲のことしか学ばないかもしれませんが、後者の学生は、テスト範囲のこと以外にも、たくさんのことを学ぶでしょう。

ゴールが高いと、学ぶことがたくさんある

私は試しに、ゴールを高めに設定してみることにしました。

趣味で写真を「自分が楽しむため」に撮影しているところを、写真の技術を人の役に立てたいと思ったので、「写真を通して人に貢献する」にゴールをあげてみました。

すると、途端にあれもこれも学ぶ必要が出てきました。すぐに思いついただけでも、

  • ライティング(照明技術)
  • レタッチ(編集)技術の向上
  • Lightroom、Photoshop、Affinity Photoなどの編集ツール
  • 仕事術、生産性の向上、納品までのフローから考えた仕事の仕方
  • マーケティング、Webマーケティング(SNSマーケティング含む)、ブランディング

などがあります。もしかすると見えていないだけで、他にもあるかもしれません。

これまでの私は、「自分が楽しむため」に、自己満足で写真を撮影していました。周りからちょっと「うまいね」と言われたくらいで満足して、写真について新しいことを学びもしませんでした。

それが、本当に写真を仕事にしたい!と思った時には、あまりにも学ばなければならないことが多かったのです。私にはなんの準備もできていませんでした。

一方、知人のフォトグラファーは…

フォトグラファーをしている知人は、自己満足の私とは対照的でした。

仮に名前をRくんとします。Rくんは、私と同時期にカメラを手に取りましたが、現在、写真家・映像作家として活躍し、某超大手広告代理会社と仕事をしたり、撮影で日本・海外を飛び回っています。

Rくんは、学生だった頃から、

  • ライティングや編集を独学
  • 毎日のように写真を撮って作品制作
  • SNSや写真展で作品を発信

していました。

その経験と熱意もあって、大手広告写真の会社に入りました。そして、現在は独立してフリーランスとして仕事をしています。

同じく学生の頃に、自己満足で写真を撮影していた私とは大きな違いです。彼と私を分けたのは何かといえば、ゴールの違いだと思います。

彼はおそらく、現在の姿を学生の頃からイメージしていたのでしょう。

成果をあげるために、チャンスをつかむために

一連の思索から私が学んだのは、

  • 学び続けている人は、ゴール設定が違う
  • 常に準備をしている人が、チャンスを得る

ということです。

この文章を書くまで、私は「学ぶことは重要。でも、どうしても緊急じゃないよね」と心のどこかで思っていました。

しかし、成果をあげるために、チャンスをつかむために、いつだって学び続けて準備を怠らないことが必要だと、今ならわかります。

私は、改めてゴール設定をしてみることにしました。そうして見えてきた課題を解決するために、コツコツと学び続けようと思います。

あなたも、ゴールを今一度、現状より高いものに、試しに設定してみてください。あなたの目の前を横切った知識は、実はあなたにとってすでに必要かもしれません。

追伸

学ぶことを考えた時には、様々な選択肢、たとえば、

  • 読書
  • セミナー、ワークショップへの参加
  • オンライン学習サービス

などがあります。

特に最近は、オンライン学習サービスには様々なものがありますよね。

これまでオフライン・オンライン双方において学習を研究してきた私たちtoiee Labも、新しいオンライン学習サービスをリリースしました。それがといリブ(toieeLab library)です。

といリブを活用すると、

  • ビジネススキル
  • Webサービス、アプリ
  • その他様々な分野

について学べるだけでなく、探求して学ぶ力が身につきます。この学ぶ力は、あらゆることを学ぶ時に必要となるものです。まさに、学び続けるあなたにぴったりな教材だと思います。

今、お得なキャンペーン中ですので、選択肢として、ぜひといリブをご検討ください。



コメントを残す