KANSO レビュー

KANSO ワークショップを開催しました

先日、「KANSO」ワークショップを開催しました。

※ 「KANSO」とは、toiee Lab が開発したWordPressオリジナルテーマの名称です。詳しくは、こちら

私は、「KANSO」の開発には携わっていなかったため、KANSOを使ったことがありませんでした。 そこで、私もこのワークショップに参加しました。

ワークショップに参加して、KANSOについて感じたことは、

「簡素で、高機能だ!!」

です。

・・・少し、かい摘みすぎた感想となってしまいました。

皆様が、今知りたいことは、

KANSOの魅力って具体的に何なの?

ではないでしょうか?

そこで、今日はKANSOのレビューを1ユーザーとして、書こうと思います。

設定が簡単、楽チン!

WordPressを使ったことがある方は、共感していただけると思うのですが、WordPressで新しいサイトを作るときは、とにかく「設定」が面倒です。

設定方法は、テーマ(デザインテンプレート)毎によって異なり、設定が面倒なテーマが多いです。

でも、KANSOの設定はすごくシンプルでした。 たった3つの項目を設定するだけで、設定は終わりました。

すごい楽チンです。 これなら、たくさんサイトを作るのも苦じゃありません。

このことを、ワークショップの序盤で感じました。

ショートコードが便利

このワークショップでKANSOを探求しましたが、

と質問されたら、迷わずこう答えます。

・・・勢い余って、関西弁が出てしまうくらいショートコードが便利でした。

「ショートコード」とは?

QHM・HAIKを使っていた方は、イメージしやすいと思います。 QHM・HAIKでいう、「おまじない」のようなものです。

本来なら、HTMLやCSSなどを記述しないと使用できない便利な機能を、簡単な記述で使用することができます。

マニュアルに記載されてある「ショートコード」をコピーして、ページに貼り付けるだけで便利な機能が使えるのです。

例えば、「ボタン」です。

以下のように記載するだけで、綺麗なボタンが表示されます。

        

実際にボタンは、このように表示されます

ボタン以外にも、たくさんの便利なショートコードが用意されているので、ぜひ試してください。

ダントツでおすすののショートコード

数あるショートコードの中でも、私がオススメなのは「投稿表示」のショートコードです。

このショートコードは、ブログの最新の記事が、自動で表示される機能です。 この機能があれば、ブログを更新する度に、「お知らせ」や「最新の記事」を編集しなくても済みます。

以下のショートコードを貼り付けるだけで、実現できます。

        

お知らせ

Web寺子屋 これからの教養
複雑で変化の激しい、知識社会かつ、私たち一人一人が「全体に大きく関わる」相互作用の世界において、どの ...
Web寺子屋 IT、学習、認知
IT(アプリ、Webサービスなど)が、なぜ学習しづらいのか、どうやって学習しているのか、どのように認 ...
Web寺子屋 複雑系のレンズ
現代を読み解くための「複雑系の科学」のレンズを手に入れるための講座です。今回は「決定論的カオス現象」 ...
体系的マーケティングからの実践
体系的なマーケティングの知識から、行動を導き出し、「適応システム」として、行動することで、ビジネスを ...
忙しい生活の中でも、しっかり学ぶ方法
現代 = 知識社会に生きる私たちは、常に「新しい知識、スキル、考え方」を学び続け、アップデートが必要 ...
Contact Form7 の「メールタブ」を正しく設定しよう
Contact Form 7 を利用している方で、意味がわからず設定している人を多数見かけます。この ...

このように表示されます

これだけでも非常に便利なのですが、このショートコードは、もっと便利な使い方をすることもできます。

画像付きのカード型で表示することができます。

縦型カードの画像付き表示

この機能を使って、「商品の特徴」「サービス」などの項目をトップページに作るのも良いかもしれません。

このように、「サービス一覧」などに使うのもオススメです

このショートコードの使い方は、こちらで詳しく説明されています。

写真が綺麗に表示される

KANSOテーマは、できるだけシンプルなデザインに設計されているためか、Webサイトの写真(画像)が映えると感じました。

ヘッダー画像は、特にすごく綺麗に表示されます。

KANSOで作成したサイトのヘッダー部分

これだけ綺麗に写真が表示されるので、良い写真を使うと、サイトのクオリティーは一気に上がります。

しかし、悪い写真を使ってしまうと、すごく悪目立ちします。

画像の選択を間違えた失敗例

上記のような失敗例にならないように、写真にはこだわるべきです。

ワークショップ中にも、多くの方から「写真には、こだわるべき」との意見が出ていました。

また、写真に関連することなのですが、トップページ以外にも、各ページにそれぞれヘッダー画像を設定できる点は、すごく気に入りました。

各ページに、ヘッダー画像を設定できます

ページを追加するときに、一気に追加できる

サイトを作り始めるときは、

と思う方は、少なくないと思います。

QHM・HAIKユーザーの方は、そのように作成されていた方が多いのではないでしょうか?

例えば、

などのページを、一気に作成しておきます。 そして、後から順番に「空のページに内容を追加していく」という手順です。

KANSOでは、この手順を簡単に行うことができました。

空のページを一度に作成できます

一度にページをたくさん作ることができたので、タイトルだけ入力されたページに「コンテンツ・文章」をひたすらに追加することができました。

使い方などを考えて、迷うことなく、コンテンツの追加だけに集中できたのがすごく便利でした。

コンテンツの追加に集中できたおかげか、サイトを作るスピードが早くなりました。

一度にページを追加する方法については、こちらのページで説明されています。

日本語が綺麗に表示される

驚きました。

日本語の文章と、画像しか使っていないページが非常に美しいのです。

文字と画像しか使われていないだけのページが美しい

などにこだわった結果、これほどに美しい表示が実現したとのことです。

日本語が綺麗に表示されるWordPressテーマは、ほとんどないので、すごく貴重だと思います。

スマホから見ても綺麗

ワークショップ中に、KANSOで作ったサイトをスマートフォンから見てみました。

すごく綺麗でした。

スマートフォンから見た、KANSOのデモサイト

文字も読みやすいですし、メニューも非常に見やすいです。

スマホから見ても、写真が美しく表示されていて、サイトのクオリティーの高さを感じます。

以上が、私のKANSOに対するレビューです。 ポジティブなものばかりが上がりましたが、以下には今後KANSOに「期待すること」をあげてみました。

今後の課題

などがあると、もっと便利になるかと思いました。

これらの課題については、既に開発担当者に伝えてあります。 今後もこれらの課題を、継続的に改善していきます。

KANSOの更なる進化をお楽しみに。

追伸

ワークショップ中に、私が作成したサイトがあります。

「KANSOを使用すると、こんなサイトが作れるのか」

とイメージができると思うので、ご興味がありましたらご覧ください。

> デモサイトは、こちら

いいね:





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください