KANSOテーマを公開します!

きっと、Webサイト作りが「好きに」なるはず

いよいよ、公開します

KANSOテーマの「チーフデザイナー」の亀田です。

何年かぶりに、約1週間限定ですが、プログラマになって、集中して、このテーマをデザインし、コードを書きました。

まだまだ、細かい部分に手を入れていく必要はありますが、「使えるレベル」になったので、公開します。

解決しようとした「ジョブ」とは?

破壊的イノベーションで有名なクリステン教授の「ジョブ理論」流に説明します。

ジョブ理論とは、新しい技術、製品、サービスを生み出す(イノベーション)際に、 「効果的な洞察を与えるものの見方」 です。

以下のような質問に答えるように、製品、サービス、技術を生み出すことが大切だと教えてくれます。

詳しくは、以下の書籍を参考にしてください。

この KANSOテーマは、

ことを実現するために

構成しました。

こんな方にぴったりです

KANSOテーマは、Webデザイナーや、制作代行業者のためではなく、 「普通の人が、少ない労力で「これで十分!」「好き!」 と思えるサイトを、「最小コスト」で作成するためのテーマです。

以下のような方に、お勧めします。

是非、おためしください。

5つのこだわり

以下の5つに、特にこだわりました。

  1. 設定をできるだけ減らす
  2. 情報デザイン不要
  3. 日本語が読みやすい
  4. スマホ、タブレットで美しく見える
  5. 好きになる(書くことが)

順に説明します。

(1) 設定をできるだけ減らす

これまで、たくさんのテーマを購入して試してきました。Themeforestという海外で有名な有料テーマ販売サイトで、10以上のテーマを購入しました。また、海外のブログを読んで人気のフリーテーマをいくつも試しました。

どのテーマも、基本的に「高機能」がゆえに、 外観のカスタマイズ(設定)がたくさんあり、あちこち触らないと「いい感じ!」って思うデザインになりません。

また、必須プラグインなどを要求され、その設定に翻弄させれて、 「時間ばかり立って、一向にWebサイトの中身ができない」 という経験をたくさんしました。

このような経験から、「できるだけ、設定を減らす」ように、KANSOテーマを構成しました。

例えば、KANSOテーマの見た目の設定は「3箇所」設定すればOKです。あとは「ヘッド画像をこだわる」だけで、十分に美しく、洗練され、読みやすいサイトが作れるようにしました。

また、テーマを入れるだけで、

など、「とにかく、手間」を減らすようにデザインしています。

今後、ショートコード を増やしたり、「ページ内目次機能」なども実装します。
※ この枠も、ショートコード(おまじない)で入れることができます。

KANSOテーマで必須のプラグインは「Nested pages一つ」です。あとは、Jetpackという有名なものを入れれば、十分だと思います。

WordPressが本当にシンプルなツールに変わるはずです。

(2) 情報デザイン不要

Webサイトで時間がかかるのが、「見た目」です。KANSOテーマは、この見た目にかける時間を「できるだけ減らしてくれます」が、 それだけでは、ありません

の時間を大幅に短縮してくれます。

ほとんどの人にとって、Webサイトは「日々変わるもの」です。例えば、お客さんとやりとりしている中で、

と、 次々とアイデアが浮かんできます

しかし、そのアイデアを形にしようとすると「どこに、新しい情報を入れたら良いか?」に、悩みます。さらに、 WordPress では、

  1. ページを追加する
  2. メニューのカスタマイズを開く
  3. メニューの編集

という手順を繰り返すことになります。

KANSOテーマでは、「これらの手間をごっそりと削除」するために、デザインされています。使い方の説明に沿って利用してもらえれば、「納得していただける」と思います。

(3) 日本語が読みやすい

多くのテーマは「海外製」です。従って、日本語で使うと、微妙に文字の大きさが、あいません。また、

などが、しっかりと設計されていません。

そこで、

KANSOテーマでは、「読みやすさ」に、こだわりました。読みやすい文字サイズ、空白スペース、文字サイズ比率を考えるために、 「文字の読みやすさが、売り上げを左右するWebサイト」や「アプリ」 、文字の読みやすさの細部までこだわる企業を調べ、平均値を導き出し、採用しました。

具体的には、

の文字サイズ、折り返し文字数を大いに参考にしました。

その結果、出来上がったのが「この文字サイズ」と「ページ幅」「空白、行間」です。パソコンでみると、ちょっと大きいか?と思うかもしれませんが、これぐらいのサイズの方が「読みやすく」感じるはずです。

※ もちろん、終わりはなく、さらに微調整を予定しています

(4) スマホ、タブレットで美しく見える

現在、「モバイル」のアクセスが50%以上になっています。

このような時代背景を踏まえて、「iPhone、iPad、Android」で、美しく見えるように調整しました。実は、モバイル環境では、文字サイズも若干違います。

是非、このサイトをiPhoneや、iPadでみてください。パソコンで見るよりも、もっと綺麗に美しく見えるはずです。

(5) 好きになる(書くことが)

最後に、このKANSOテーマを作って、toiee Lab社内でお披露目した時、スタッフ全員が

「自分の個人的なプロジェクトに使いたい!」

と言ってくれました。それぐらい、シンプルで、サクサク作れる感覚に興奮を覚えてくれました。

さらに面白いことに、みんなが 「Webサイトを作ることが楽しく、好きになった」 のです。

KANSOテーマと共に、「Markdown (マークダウン)」という文章の作り方を覚えて、Markdown エディタとともに、KANSOテーマを使ってください。

使い方は簡単です。

  1. Markdown エディタで文章を書く
  2. HTML形式で内容をコピーする
  3. WordPressに貼り付け、微調整する

これで、驚くほど「Webサイトを快適に」作れるようになって、Webサイトを作ることが「楽しくなり」、 好きになってもらえる と思います。

是非、KANSOテーマをお楽しみください!

そして「楽しい」「面白い」「好きになった」という喜びの声と、 こんなWebサイトを作ったよ!の報告をしてください。

このブログでも積極的に、あなたのサイトを紹介したいと思います!

最後に、もう一つ

KANSOテーマは、GPLv3ライセンスで作成しています。つまり、

お使いいただけます。

などに、自由にご活用ください。

もう一つ・・・

KANSOテーマは、少しずつアップデートしています。最新のアップデート情報や、最新の活用事例、ハウツーをお届けしています。

是非、メルマガにもご登録ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です