Gutenberg を利用する際の注意点

Markdown機能をOFFにしてください

WordPress5.0から、Gutenbergが正式採用されました。Gutenbergは非常に使いやすく、楽しい機能です。

KANSOテーマも、これから Gutenberg を基本に進めていきます。

そこで問題となってくるのが「Markdown」です

結論

Gutenberg を利用する際、Markdown変換機能をOFF(JP Markdownをオフ)にしてください。Gutenbergの機能と干渉しあって、pタグが入らなくなり、フォントサイズや余白などが機能しなくなります。

設定 > KANSO設定に進み、OFFにします。全て右側にしてください。

詳細

KANSOは、Gutenberg以前に「シンプルにWordPressを利用する方法」として、Markdownを使ってWebページを作ることを推奨していました。

なぜなら、Gutenberg以前は、TinyMCE というエディタで、これは、余計なタグが入りやすいものでした。ユーザーがフォント色、大きさを変えたりできるため「見出しを貼り付けたつもりが、大きなフォントだった」ということがありました。

また、ヘッダータグなどをシンプルに利用するような作り方には、不向きなUI、UXでした。

そこで、あえて「別エディタなどで、Markdownで記述し、Markdown形式でWordPressに投稿し、WordPressが出力時に、HTML化する」方式を選びました。

それが、KANSOであり、その時に利用しているものが JP Markdown です。JPは、JetPackの略です。

このMarkdown変換がONになっていると、Gutenbergと問題を起こしてしまうため、Gutenbergを利用する場合は「オフ」してください。

Gutenberg ならMarkdownが使える

ちなみに、Gutenbergは、Markdownで作成したテキストを貼り付けると、自動的にHTMLに変換して保存されます(内部は、ブロックです)。

また、書いている最中に、Markdownを使うと適切に見出しなどに変換されます。モダンなエディタとして、とても良いです。

ですので、上記のようにOFFにして、Markdownで直接Gutenbergを使うようにするのがオススメです。

いいね:





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です