Elementor が使えるように、修正をしました。また、uikitも3.1.6にアップデートしました。

Elementorについて

Elementorは非常に有名なPage Builderです。ドラックアンドドロップで簡単に様々なデザイン要素を実現できます。

KANSOでは「固定ページでコンテンツがない場合、「コンテンツがありません」メッセージを出す」仕組みを採用していました。この仕組みによって、Elementorが動作しない場面(新規作成し、コンテンツが存在しない場合)がありました。

この処理を改めた結果、Elementorが使えるようになりました。

とはいえ、自動でサムネイルを表示するなどの機能が邪魔になる可能性があります。これらについては、適宜オフにしたりしてください。

uikit3.1.6について

uikitのバグや、いくつかの機能が追加されています。これらを利用できるようになります。

今後について

現在、全く開発に手が回りません。予定は未定ですが、Gutenbergブロックとして、uikitの様々なコンポーネントを追加したいと考えています。Gutenbergブロックとして追加できれば、Elementorなしでも十分に使えると思っています。

以上です

いいね:





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です