リダイレクトが多すぎるエラーの解決方法

「リダイレクトが多すぎます」と表示されてしまう場合の対処方法について説明します。以下の情報を参考に解決を試みてください。

リダイレクトとは?

リダイレクトとは、「転送」のことです。例えば、 https://meidium.com/toiee-lab にアクセスしても、そのページは表示されず、 https://toiee.jp に自動的に移動し、表示されます。

このような仕組みを「転送」= リダイレクトといいます。

リダイレクトが多すぎるとは?

このような転送が、何度も、何度も行われると「リダイレクトが多すぎる」と表示されます。リダイレクトが多すぎると判定される場合、大抵場合は、

  • AサイトからBサイトへ、BサイトからAサイトへ、またAサイトからBサイトへ

と、繰り返しが起こってしまっていることが殆どです。

よくある原因と解決方法

WordPressの「サイトURL」「ホームURL」が違う

WordPressの「設定」と「実際の表示しようとするページ」が違う時、リダイレクトが起こります。.htaccess や DNS で、強制的に転送をかけていると、何度もリダイレクトをして、抜け出せなくなり、エラーとなることがあります。

以下のような場合、「サイトURL」「ホームURL」の修正を試してください。

  • WordPressを引っ越ししたが、ドメインが違う
  • http://・・・ で初期設定し、その後に https:// 通信を使うように変更。しかも強制的に https:// を使うように、転送設定を行った場合

この場合、サイトURLを修正してください。方法は、ネットなどで検索すれば出てきます。

.htaccess の設定がおかしい

SEO関連のプラグインや、キャッシュ(高速化)のプラグインを使った場合、.htaccess が書き換えられます。この書き換えたものが原因で、様々な不具合が発生することがあります。

SEO系プラグインを使っている場合は、 .htaccess ファイルをチェックして、初期設定に戻すなど試してください。

上位ディレクトリの .htaccss が原因

さくらレンタルサーバーや、ロリポップは、公開フォルダの中に、独自ドメインの公開フォルダを自由に作れます。その結果、「初期の公開フォルダに、意味もわからず、 .htaccess を設置してしまい、それが下部フォルダでも有効になっている」状態で、問題を引き起こすことがあります。

この場合、上位の .htaccess をチェックして、削除するなり、修正してください。

 

もっと詳しく学びたい方へ

インターネットの仕組みを理解することで、今回紹介したような「リダイレクトのエラー」を含む、Webサイトを公開、運営するために必須の作業を「その場しのぎ」ではなく、しっかりと理解して対処することができるようになります。

  • 長期的に、自分でWebサイトを管理、運用したい
  • 制作代行として仕事がしたい
  • メールサーバー、DNSなど便利なものを使いたい

という方は必見です。

興味のある方はぜひ、耳デミー「ドメイン、通信の仕組み」を使って学んでみてください。(クリックすると、内容の一部を視聴していただくことができます。)

耳デミー・ドメイン、通信の仕組み