勝手にWordPressが公開されてしまいます。どうしたら良いですか?

対象となるユーザー

以下のような症状の方向けの文章です。

  • WordPressを設置し、QHM移行プラグインを利用している
  • (かつ)
  • WordPressではなく、QHMを表示中の方(WordPressは一般公開していない)

つまり、 「移行中」の方が対象です。

一方で、以下のような方には、関係がありません。

  • QHMからWordPressに移行済みで、WordPressを公開している場合
  • (WordPressを公開しているなら、自由にアップデートを行なって構いません)

原因と解決方法(簡易説明)

原因は、WordPressのアップデートです。ご自身でアップデートしたか、あるいは「自動アップデート(レンタルサーバーによってはオンになっています)」によって、WordPressの index.php が書き換えられることが原因です。

【重要】QHM移行プラグインが原因ではありません。また、プラグインでは対応できない範疇の問題です

解決方法は、[設定] > [QHM移行] を開き、indexファイルを正しく設定するをクリックしてください。

対策

WordPressを公開するまでは、WordPressの更新を行わないようにしてください。もし、どうしても更新したい場合は、更新直後に、上記の indexファイルを正しく設定するを実行してください。


詳細を知りたい方は、ご覧ください

原因と対策(詳細説明)

QHM移行プラグインの仕組み

QHM移行プラグインをインストールし「有効化」すると、上記のように、WordPressの index.php を書き換えて、一般ユーザーにはQHMを表示し、WordPressにログインしている(管理者)には、WordPressを表示するようになります。

QHM移行プラグインによって設置される index.php は、以下のようなソースコードになります。

一方で、WordPressの index.php は、以下の通りです。

直接的な原因

一般にはQHMを公開し、自分だけWordPressで編集作業をするには、上記の index.php の入れ替えが必要です。QHM移行プラグインでは、設定画面で「設定」を行うことで可能です。

QHM移行サービスでは、適切に設定(index.phpを書き換えている)して、お渡ししています。

お渡し後に、このindex.php が変更された場合、「勝手にWordPressが公開された」という現象になります。

index.php が書き換わる(WordPressのものに変わる原因)

WordPressをアップデートすると変更されてしまいます。アップデートをする方法は、

  • 自分でアップデートボタンを押した場合
  • 自動アップデート(レンタルサーバーなどの設定によって)

が原因です。

どちらかの方法で、WordPressをアップデートすると、問題が起こります。

解決方法は、QHM移行プラグインで「設定」を再度行なうだけです。