WordPressをコマンドでバックアップ

概要

WordPressは、「便利なコマンド(ターミナル)」で、簡単バックアップができます。その方法を記載します。いわゆる「ターミナル」「コマンド」「Linux系知識」がある方向けの情報となります。

前提

多くのレンタルサーバーや、VPSでは、WordPressのコマンドが、インストールされています(WP-CLI)。もし、インストールされていない場合は、WP-CLI と検索し、インストール方法などを参考にしてください。

バックアップの手順

(1) サーバーにアクセス

> ssh [email protected]

(2) WordPressが設置されているディレクトリに移動

> cd path/to/wordpress

なお、wp-config.php が設置されている場所に移動します。セキュリティを向上させるために、wp-config.php を別の場所に移動させている(一つ上の階層など)場合は、wp-content などがあるフォルダではなく、wp-config.php の設置先に移動してください。

(3) WordPressのデータベースをバックアップ

WordPressは、データベースのバックアップと、システムのバックアップをそれぞれ行う必要があります。システムだけがあっても、データがなければサイトの情報は失われてしまいます。

コマンドは、以下の通りです。なお、データベースのバックアップデータは、公開フォルダにはおかないようにしてください。例えば、以下のように「一つ上」のディレクトリ(公開フォルダ以外)に、バックアップすると良いでしょう。

> wp db export ../your_site_name.sql

※ your_site_name.sql は、わかりやすい名前に置き換えてください

(4) WordPressのシステムをバックアップ

次に、WordPressのシステムをバックアップします。zipファイルで圧縮しても良いでしょう。その際、先ほどのデータベースもセットでバックアップすると良いかもしれません。

> cd ..   (WordPerssのシステムの上位ディレクトリに移動)
> zip -r your_site_name.zip  (WordPressが入っているフォルダ名)  (先ほどのDBファイル名)

(5) データを別のサーバーへ

バックアップしたファイルを、同じサーバーに置いていてもバックアップとしては不十分です。別のサーバーや、自分のPCにダウンロードしましょう。

補足

以上のコマンドをシェルスクリプトにして、Cronで動かしても良いでしょう。なお、もっと手軽にバックアップするなら、WordPressのプラグインが便利です。