Knowledge

私たちは、様々な教育プロジェクトを進めていくために、独自の学習理論を構築し、活用しています。人の可能性をカタチにする再現性を高めるべく、日々努力しています。

独自のラーニング理論

脳の中で、どのようなことが行われているかは未知です。毎年のように、様々な事実、見解が科学の世界では見つかっています。これらをフォーローアップするだけでなく、一歩引いて「学習という現象」の大枠から捉え直すことから始めました。それが、toiee Labの学習理論の基礎です。

基本コンセプトは、「学習とは、未知のものに対する「適応システム」として捉えること」です。つまり、多段の階層を伴った(フラクタル構造)フィードバックシステムにより、システムそのものを修正する(フィードフォワード能力も修正)動的な活動として捉えています。

このような学習の捉え方を、FILM2 と私たちは呼んでいます。これらの基礎理論から、メタ探求型学習、さらにそれらを実行した結果として、「進化的な学習(Evolutinal Learning)」を広げたいと願っています。

FILM2 理論について

01.

Feedback, Fractal

期待する結果を達成するための行動を起こし、実際の結果(プロセスも含め)を比較し、次の行動を修正します。この時、前提(ロジック)も修正を行う仕組みをFeedback Fractalと表しています。

02.

Intentional

私たちは、自分がどのように学んでいるかは、無自覚です。まず、学習そのものに注意を払うことで、修正を行いやすくなります。また、探求型が学習を意図的に行うことが大切です。

03.

Lasting

学習は、永続的です。環境が変わったり、状況が変化することで引き起こすだけでなく、「自ら問いを発する」ことを通じて、未知を作り出し学習の回路を動かし続けることが大切です。

04.

Meaningful

何かを学ぶ際、誰かに押し付けられた評価だけでなく、自分自身にとっての意味を問うこと、意味を作り出すことが大切です。学習には「意味」が欠かせません。

05.

Meta Inquiry Learning

良い学習は、学び方を探求しながら、目の前の課題を探求するように学ぶことです。このような視点で学ぶことで、私たちは、もっと楽しく、多く学ぶことができます。

06.

Detail About FILM