マーケティング・スクラムの成果と、toiee Labの失敗談

現在、マーケティング・スクラムが盛り上がっています。
今日は、スクラム自体の成果と「教訓」を紹介したいと思います。

なお、教訓とは「マーケティング・スクラムを受講されている方に指摘された失敗」です。そこから多くを学びました。

是非、楽しんでお読みください。

不思議な最先端のマーケティングを学ぶ場

現在、マーケティング・スクラムは「最先端のマーケティング」と呼ばれているマーケティング4.0を深く探求することを通じて、学んでいます。

参加者の方々は、「学ぶこと自体」を大いに楽しんで、議論し、事例を報告しあったり、アイデアをシェアしあっています(プライベートなSNS上で)。

スクラムは、先生と生徒、教えを与える人と受け取る人、正解を知っている専門家と正解を受け取る人といった「縦の関係」はありません。

ファシリテーターは、「共にマーケティングを学ぶ仲間」として、良き学びての一人として、参加します。

つまり、先生がいない学びの場です。

だからこそ、多くの気付き、学びが生まれます。

フラットな関係だから、toiee Labが肴に

スクラム(だけではなく、toiee Labのすべて)は、フラットな場所です。だからこそ、

「toiee Labをマーケティング4.0で分析してみる」

という議論が巻き起こっています。つまり、酒のサカナならず、学びの肴に、toiee Labがあがっています。

マーケティング4.0 の観点で分析すると、、、

などなど、「勝手にコンサル」「アイデアだし」がでて、大盛り上がりしています。

このような状態に対して、ファシリテーターは「カッコつけて、できているフリ」や「権威をかざして、投稿を削除」したりせず、

「なるほど、ありがとうございます」
「他にもなにかありませんか?」

とたずねるだけでなく、

「是非、一緒に考えてください!」

と、参加者を巻き込んでいます。

経営者としては、どうなんだ?

私は、このような状況をみて、とても「誇らしく」思っています。フラットで、気軽に意見が言えることは、よいことだと思っています。

普通、このような「主催者批判」のようなことは、なかなか発言できないと思います。

一方で、経営者として

「これは早急に、改善しなければならない!」

と思うことがありました。

マーケティング4.0が成すこと

ある参加者の方の投稿です。

要約すると、

とご指摘をいただきました。

マーケティング4.0 の中心コンセプトの一つに、

「マーケティング4.0は、内容とスタイルを一致させる」

というものがあります。

それを実践できていないことを、まざまざと指摘されました。嘘をついているとまではいえませんが、少なくとも言行不一致だと、指摘されました。

もちろん、「ちゃんとしろ!」という怒りというより、愛のある「もっとこうしたらいいんじゃないか?」と親身になって考えてくださっている投稿です(ありがとうございます!)。

それでも、私は考え込みました。

TEAL組織に学ぶ

本当は、心の底では、心から

「学ぶこと自体を楽しむことが大切」

と思っています。スタッフも、ファシリテーターも、皆「学ぶこと自体を楽しむ」ことに、大きな価値を感じています。

学ぶことを楽しむことは、すなわち「深く掘り下げること」でもあります。深く掘り下げて学べれば、自然と変容は起こります。そして、いわゆる成功や成果は後からついてくると、私たちは信じています。

また、少なくとも「成功や成果が現れなくても、現れるまでの間も、楽しいことは、幸せ」です。

論理的に考えて「学ぶことを楽しむべき」です。

だからこそ、科学的な証拠を集め、さらには学習理論を確立しました。

それなのに、「なぜ」、

みたいなメッセージを発してしまったのか?その原因を考え込みました。

答えは、「TEAL組織」という書籍にありました。最近、穴があくほど読んでいる本です。

この書籍の一節に、こんなことが書かれています。

つまり、私の中の「怖れ」が原因だと思い当たりました。

自分の中にある怖れを見つめる

私は、怖れていました。

「学ぶこと自体を楽しもう!」

と呼びかけても、誰も集まらないんじゃないか?ほんの一部の人しか反応しないのではないか?と怖れていました。

「そんな綺麗事で、世の中は回せない」

そんなふうに言われて、誰もスクラムに参加しないのではないか?と考えていました。

しかし、よく考えれば、このような怖れは、顧客にとても失礼なことをしていました。無自覚に。

恐れからスタートした結果、「学ぶこと自体を楽しむ」という高次の欲求(自己実現に近いもの)を持たない人として、顧客を扱っていることになっています。

相手を短絡的で、結果だけを追い求める人として、接していることになっていることに気付きました。

深く反省しました。

恐れはなくせないが、見つめることはできる

生きている限り、あるいは普通の人間である私は、悟りを開いて、恐れを完全になくすことはできません。

しかし、見つめることはできます。

怖れていることを正面から受け取め、受け入れ、それでも、一歩をだす。つまり勇気を引き出すことはできます。

そうやって、一歩一歩

を提供していきたいと思います。

追伸1:

最後までお読みくださり、ありがとうございます。この文章が、あなたの「学ぶことを楽しむ、本来備わっている能力」を刺激できたとしたら、嬉しいです。

追伸2:

そうそう、TEAL組織の「スクラム」も計画中です。
是非、機会があったら、共に学びましょう!

楽しみにしています!

いいね:





コメント


Comments are closed.