Medium ワークショップを開きます

「教えられるではなく、自ら学ぶ」を体験しませんか?

急なお知らせですが、7/26(火) 10:00–13:00 に、Medium ワークショップを開きます(大阪、関大前)。

全く新しい「学び方で」学びます

加速学習、チーム学習、PBL、メタ学習…

多くのパソコン教室、オンラインのコース、書籍では、

「やり方を細かく」教えます。

ところが、このような「教えられる」方法では、アプリやWebサービスが次々と進化する中、

という状態になってしまいます。
(今の「学校教育が抱える問題」とそっくりです)

教えられるのではなく、自ら学ぶ

一方で、ITが得意な人たちは、「やり方を教わって、それを繰り返して、覚える」なんてことはしません

という行動をします。

つまり「教えられるのではなく、自ら学んで」、次々と使い方を覚えます。

このように「自ら学ぶ方法」を使うと

ということができるようになります。

特別なことではありません

そして重要なことですが、「このような学び方」は、才能、知能、経験は関係ありません。私たち人間が、本来持っている「学習のメカニズム」を使えば、誰もができることです。

さらに、教えられ、繰り返して、体に覚えこませるよりも、

のです。

自ら学ぶ方が、圧倒的に早い!

教えられる vs 自ら学ぶ

toiee Lab では、足掛け10年(亀田が大学院の頃から)かけて、独自に「学習理論」を体系立てました。さらに現場の先生、経営者、パパ・ママたちが、すぐに使えるように、シンプルでわかりやすくモデル化しています。

現在、toiee Lab では、学習モデル、教育モデルを先生たちにお伝えするワークショップを定期的に開いています。

先生向けのワークショップ中に、よくある議論が

toiee Lab が体系立てた「学習モデル」は、まさに今の時代が必要とするもです。

私も、ずっとやりたい!と思っていた、授業の答えだと思います。

でも、長期的に見たら、「自ら学ぶ方」が良いのはわかるのですが、今の学校の体制だと実現できません。

やっぱり、「教える方が早い場合もある」ので、採用してもらうには、周りの理解が必要です。

つまり、多くの教育関係者は、

と思っています。ところが、これは「錯覚」です。

ITをバリバリな人たちは、「ちょっとわかったら、すぐに使って」、結果を出します。そして、使いながら、さらに多くを学びます

つまり、「自ら学ぶ方式」だと、

ということが起こります。

プログラミング教室に通う vs 作りたいアプリのために何かを始める

最近、オンラインのプログラミング教室が流行っています。

その中で、結果を出している(つまり、本当に使えるプログラマを養成する)サービスは、「起業家の予備軍のための教室」です。彼らは、作りたいものがはっきりしています。そのゴールに向かって、

なります。このようなコースのみが、「本当に使えるプログラマ」を生み出しています。

一方で、順番にやり方を覚えさせていくコースは、「何かは作れれるけど、自分が何をやっているかよくわかっていない」という状態になりやすいです。

その結果、実社会で働くとき、「とんでもない間違い」をして、「だって習っていないから・・・」とぼやきます。

プログラミングも、ITも、その他の分野でも、先生が、全ての知識、技術、スキルを教え切ることはできないし、教科書にすることもできません。

そこで、

これが必要です。

教えられた以上を学べる教育

私たち toiee Lab は、

Taught to Learning, make it standard
教えられるから、自ら学ぶ、これをスタンダードにする

というミッションを掲げて、独自に学習モデルを構築し、様々な分野の教育に応用研究しています。

今は、社会人向けのテーマを扱っていますが、徐々に、数学、社会、哲学、国語・・・など、多くの分野を手がけて、人を育てる人たちを支援したいと思っています。

いや、支援ではなく、「人の可能性を信じている人々」と共に、可能性を拓くワクワクするチャレンジをしたいと思っています。

つまり私たちのミッションは、「先生を支援する」ではなく、

Taught to Learning, make it standard for tomorrow, today, together
教えられるから自ら学ぶ、これをスタンダードにする、明日のために、今日から、共に

と考えています。

Medium にちょっと興味があって、人の可能性を信じていて、新しい教育に興味がある方は、是非、Mediumワークショップにご参加ください。

(なお、当日は「撮影」を行い、新しい教育を広げてくれる方々の教材に使います)

もしよかったら、この投稿を「いいね!」してシェアしてもらえませんか?
Mediumが広がるきっかけにもなると思っています。
また、Mediumと同じように、人の可能性を広げることにもつながると、私たちは信じています。

参加お申し込みは、こちらです

](https://toiee.doorkeeper.jp/events/47122)

前回の開催の写真はこちら



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください