ファシリテーション・レジュメ

マイクロ・ヒストリーと学習

技術や知識の体系を知る方法

“A macro shot of the nib of a fountain pen with letters etched into it” by MJ S on Unsplash

私たちは、学校で「歴史」を習います。

学校教育、そして塾での「歴史」は、もっぱら出来事を記憶し、即座に想起するための訓練をします。もう何十年も変わっていないように思われます。

一方で、多くの人が大人になってから「歴史ミステリー」「大河ドラマ」「時代の変遷のドキュメンタリー」を楽しみます。知的娯楽として「歴史」は、大いに消費されています。

つまり、

と、全く正反対です。このギャップは、一体なんでしょうか?

歴史とは何か?

私たちの「知的好奇心」を刺激する歴史とは、

です。

大河ドラマ、歴史ミステリー、壮大な歴史物の映画が人気な理由は、この「捉えきれない性質」により、個人の考え、視点、価値観、発見が反映できるからだと思います。

学校教育は「長い時間」の歴史しか扱わない

ところで、学校教育では「長い歴史」のみを扱います。江戸時代は300年近く続いたにもかかわらず、あっと言う間に授業では過ぎていきます。さらに、江戸時代を

ような歴史の捉え方をします。

しかしながら、この江戸時代には、三井家や滋賀の長浜周辺の商人たち発案による「近代マーケティング」が生み出されています。

それまでは、職人が作ったものをただ販売していたのが問屋、商店だったところ、「問屋、商店側が、職人に仕様を伝え作るものを要望する」というマーケットインなプロダクト作成を行いました。

さらに、ブランディングに近いような(傘を使った広告宣伝など)ことまで行われています。他にも、様々な「道具」「技術」「仕事の仕方」「制度」が生まれ、改善され続けています。

このような「技術史」しかも、「短いスパン(といっても、20年、30年程度の長さはある)」の歴史を学ぶ機会はありません。

これは、とても「もったいない」こと です。

技術史を知れば、自然に覚えられるし、構造が理解できる

例えば、世界で最も使われていて、最も長い時間利用されている「アプリ」があります。それは、Webブラウザです。今、あなたがこの文章を読んでいるアプリ(Mediumアプリであっても)は、ブラウザです。

このブラウザの歴史を調べると、様々な発見があります。

今は、便利な時代です。インターネットで、10分から15分ほど調査すれば、以下のような資料を見つけることができます。

出展 : Mozilla ブログより CC-BY-NC

この年表に記載されている人名や用語を調べることも簡単です。例えば、「ティム・バーナーズ・リー」を調べると、TEDの動画まで出てきます。

次々と、いろんな話を集めて、整理していくと「インターネットが生まれて、Webサイトが立ち上がり、ブラウザが生まれ、Microsoftが貢献し、そして停滞をもたらし、それを打破するモバイルと言う別分野のイノベーションの作用」を見ることができます。

ブラウザの歴史全部を知ろうとすると、苦労をしますが、それでも「2限分ぐらい使えば、かなりのことを調べ、整理し、発表できるまで」たどり着くはずです。

実際にやってみればわかりますが、ブラウザの歴史を調べ、整理することで「知識や技術の構造」がわかります。

なぜなら、知識や技術の歴史は「ある特定の課題を解決するために生まれ、そして目的を達成し続ける結果、次の問題が生まれ、また新しい知識、技術が生まれると言うプロセスの連続」だからです。 これは、そのまま「知識や技術の構造」でもあります。

Javascript について調べてみる

このことを実際に確かめるために、研究所内で以下のような実験を行いました。

まず、プログラミングについては全くの素人を集めます。次に、その人に「javascriptの概要」を説明します。説明したのは「ブラウザに使われていること、とても重要なプログラミング言語になった。でも、昔は重宝されていなかった。最近は、様々な用途に使われている」程度の簡単なものです。

次に、この人に「たくさんの質問」を出してもらいます。たくさんの質問を出した後、次々と質問を解決するように調査をしてもらいます。途中で、調査を止めて、調査の仕方を振り返るという FILM2学習理論のお得意のパターン を行います。

こうやって20分から30分程度の調査を行い、発表に臨みます。

実際に発表を行った後、Javascriptとは「どんな技術なのか?」について考えてもらうと、かなり正確な理解をしている状態になります。

そして、何よりも重要なことが「javascriptについて興味をもち、アンテナがたった状態」になる ことです。

その結果、苦労しなくても覚えているし、調べ切らなかった「問いの答え」が目の前に現れれば、キャッチできる状態になります。

マイクロ・ヒストリー

私は、壮大な歴史と比較して、短いスパンの技術史、知識の変遷の歴史を「マイクロヒストリー」と読んでいます。ワークショップ設計を行う場合、知識の構造分析を行うのですが、この「マイクロヒストリー」を調べることは、大いに講座設計の知識整理に役立ってくれます。

また、現代教育において重要なことは、 「誰かが調べ上げて、おもしろおかしく話してくれるマイクロヒストリーを受け取るだけでなく、自ら調べることを学ぶこと です。

学校の先生が面白く話すだけでなく、自分たちで調査し、発表し、議論し、新しい発見をする「知的ワクワク」を味わってもらうことこそ、現代教育に求められていることです。

この「マイクロヒストリーの調査と発表」という考え方、アプローチはどの分野でも使えます。年代も問いません。

例えば、小学生なら、小学生なりに調べれば良いのです。電車が大好きなら、電車について調べれば、もっと電車が好きになるし、電力について学ぶ、アンテナが立つようになるでしょう。そのうち、電線について調べていると、最終的にはファラデーにたどり着くかもしれません。

ファラデーに辿り着いた後、もしかしたら「ロウソクの科学」に興味を持って、自然科学の世界に進むかもしれません。

同様に、電車の鉄橋などに興味を持つと、土木系に進むかもしれませんし、電車の運行に興味を持てば、マネジメントに進むかもしれません。

関西であれば、小林一三に興味を持つ子供が出てくるかもしれません。その子は、社会イノベーションを志向する、偉大な起業家に育つかもしれません。

まとめ

あなたが、何かを学ぼうと思っているなら、その分野の「技術」「知識」のマイクロヒストリーを調べてみましょう。あまり目的を定めず、好奇心に導かれて進むのが良いでしょう。

そうすれば、スポンジのように知識を吸収できる状態が作れるでしょう。

そして、あなたが教師、指導者なら、「学習者自身に、調べる楽しさ」を伝えて、実際に実行させてください。共に多くを学べるはずです。

編集あとがき

toiee Lab では、「毎日、価値ある記事」を出そう!ということで、担当を決めて記事を出しています。今日は、私の番なのですが、忙しくて時間がないので「手軽にかけるトピック」を選びました。

今後は、もう少し時間をとって「学習理論」について、書きたい思っています。

いいね:



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください