耳デミー

耳デミー3つの特徴

耳デミーの特徴は、以下の通りです。

  1. 隙間時間を活用する設計
  2. Podcast形式で配信(Web視聴も可能)
  3. 前提知識、周辺知識、構造、仕組みを中心に「耳学」する

以下、詳しく説明します。

1. 隙間時間を活用する設計

忙しい中でも、「通勤、通学」「運転中」「ジョギング、ウォーキング中」「掃除、選択、料理、皿洗い中」「人を待っている間」など、「耳があく」隙間時間を集めれば毎週5時間近くは「学ぶ時間」を作ることができます。

この「耳があく時間」を使って、主に前提知識を吸収することで、対象とする領域を学びやすくします。

2. Podcast形式で配信

Podcast形式という古くて新しい技術があります。ブログが流行り始めた当初、Apple社が企画しました。現在、Podcastは海外では人気があり、iPhone、iPadだけでなく、Androind(スマホ)、PC、Macで専用アプリがインストールされています。

耳デミーは「隙間時間」を活用することが、第一の目的です。そこには「教材のダウンロード、セットアップ時間を限りなく減らす」ことも考慮しています。

Podcast形式なら、スマホで「クリック」するだけで、登録、ダウンロード、視聴が可能です。またPodcastアプリの倍速再生機能などを活用することで、さらに時間を圧縮して学ぶことができます。

3. 前提知識、周辺知識、構造、仕組みを中心に「耳学」する

聴くだけで何かを習得することは、かなり難しいです。しかし、深く理解することは可能です。それには一見遠回りのように感じますが、「直接対象を学ぶのではなく、周辺知識や前提知識を学ぶ」ことです。

仕組みや、構造などの前提知識から、知っているつもりになっている用語や歴史を知ることで「たくさんの記憶の断片」が脳の中に溜まっていきます。その状態で、本題について学び始めると、どんどんと知識が繋がり始めていきます。

すると、対象を「いろんな角度からイメージ」できる状態になります。この状態になると、人は「試してみたい!」という欲求が出てきます。それは、良い学習のサインです。

実際に試したり、行動すること、人に説明するなどのアウトプットをすることで、さらに知識が固まっていきます。

耳デミーでは、知識の構造分析を行い、内容を組み立てています。


耳デミー一覧 (クリックすると、教材の一部をお試ししていただけます)

過去のアーカイブ
耳デミー・ラーニング・デザイン・エッセンシャル
耳デミー・ラーニングファシリテーション
耳デミー・ラーニングアセスメント
耳デミー・ドメイン、通信の仕組み
耳デミー・QHM移行
耳デミー・HTML、CSS、CSSフレームワーク
耳デミー WordPress Basic
耳デミー : 習得の4原則
耳デミー : 学習とは何か?
耳デミー : 学び方事例(亀田バージョン)
耳デミー : パパママ・ファシリテーション
耳デミー : アクティブ・ラーニング・ツール
耳デミー : Learning by Doing
耳デミー : FILM理論ダイジェスト
体系的マーケティングからの実践

いいね: