ポケてら

ポケてら : Know Your Customer ver2.0

レジュメはこちら

オフライン、モバイルで視聴する

1 イントロダクション

(1)ウェルカム感をしっかり出す

(2)講座の開始を宣言する

ポイント
短く、シンプルに期待を高めるように開始を宣言しましょう。ワークショップはスタート が肝心です。長々とファシリテーターが挨拶をしてしまうと参加者が「教えてもらうモード」になってしまい、自分で探求して答えを作り出すのではなく、あなたから答えを教え てもらおうと考えてしまいます。期待を高め、ちょっとワクワクするような講座の全体像 を伝える程度にして、すぐに次のワークへ進みましょう。

2 Good&New

(1) Good & Newの説明をする

(2) Good & Newを1周する

ポイント
Good&Newは、説明を何度も繰り返すより、「実例を見る」ほうがわかりやすいです。 実例を見せましょう。もちろん、事前に考えておいたほうがスムーズですが、その場でひねり出す様子のほうが、参加者には良い見本になります。 「緊張はほぐれましたか?」と聞く必要はありません。ワイワイとした雰囲気を維持して、そのまま次のワークにスムーズに入りましょう。

3 Think&Listen

(1) ペア、あるいは、3人1組になる

(2) 説明

ポイント
話しやすいと感じてもらうために、聞き手と話し手にしっかりとやり方を理解してもらいましょう。
講座のはじめで、まだ学習の準備運動を行っている段階なので、しっかり振り返らなくて 構いません。簡単に全体に問いかけて、次のワークに移りましょう。

(3) Think & Listen

(4) 交代して、Think & Listen

4 Think&Listen 振り返り

(5) 振り返り

5 深い欲を聞く アイデア出し

(1)説明

(2)チーム分け

(3)深い欲を聞き出す方法を考える (5min)

6 深い欲を聞こう アイデア出し 振り返り

(4) 振り返りをする

7 深い欲を聞こう


閲覧するには、ログイン(ここをクリック)してください 

(5)インタビューする(5min × 人数)

ポイント
インタビュー後、振り返りをしますが、学びを深めるためにとても重要なので、しっかり と、学習者から振り返りを聞き出すようにしましょう。


8 深い欲を聞こう 振り返り


閲覧するには、ログイン(ここをクリック)してください 

(6)振り返る (15min)

9 深い欲を聞こう そう振り返り


閲覧するには、ログイン(ここをクリック)してください 

(7)総振り返りをする

10 KnowYourCustomerの真髄について探求しよう


閲覧するには、ログイン(ここをクリック)してください 

(1)説明

(2)Know Your Customerの真髄について探求する (10min)

ポイント
ここでしっかりとKnow Your Customerの真髄に対する理解を深めます。学習者の言った ことを聞いて、質問を投げかけて学習を引き出しましょう。


11 KnowYourCustomerの真髄を探求しよう 振り返り


閲覧するには、ログイン(ここをクリック)してください 

(3)発表 (10min)

12 純粋な興味を持って聞く


閲覧するには、ログイン(ここをクリック)してください 

(1)説明

(2) インタビューする (5min ×人数)

ポイント
ここでは、Know Your Customerの真髄を意識してインタビューをし、改善されたことを感じるところです。意識できるように、見えるところにKnow Your Customerの真髄が書かれた資料をおいて、インタビューに臨んでもらうと良いでしょう。


13 純粋な興味を持って聞く 振り返り


閲覧するには、ログイン(ここをクリック)してください 

(3)振り返り

14 純粋な興味を持って聞く 総振り返り


閲覧するには、ログイン(ここをクリック)してください 

(4) 総振り返り

15 文化人類学者のワーク


閲覧するには、ログイン(ここをクリック)してください 

(1)説明

(2) インタビューする (5min ×人数)

ポイント
最後のワークになります。このワークでは、2回のインタビューを行います。1回目が終 わった後に振り返りがあるので、そこで次やるならを考えてもらって、次のインタビューを行いましょう。最後のインタビューが終わった後に、「Know Your Customerの真髄を 実践していましたか?」と聞くと、「忘れていた」という人や、「意識して取り組んだ」人などが表れて、おもしろいかもしれません。


16 文化人類学者のワーク 振り返り


閲覧するには、ログイン(ここをクリック)してください 

(3)振り返り

17 文化人類学者のワーク 2回目


閲覧するには、ログイン(ここをクリック)してください 

(4) もう一度、インタビューする (5min ×人数)

振り返りを踏まえて、もう一度インタビューする。

18 アウトロダクション


閲覧するには、ログイン(ここをクリック)してください 

(1)説明

(2)振り返る

(3) 学びを引き出す

(4) フォロアップを作る

(5) こちらのアイデアを提案する

ポイント
時間が足りなければ、ファシリテーターがかなり主導しても構わないので、学びを振り返 ることをしましょう。振り返りがないと、高次な学習が意識に上らず、いつもの学び方に戻りやすくなります。

いいね:


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。