コンセプト・クリエイター

¥35,000¥150,000

企画や開発、販売など広い職種の人に必須のスキルと言えるコンセプト作成能力を身につける講座です。

良いコンセプトがなければ、顧客の心をとらえた商品の開発することや、思わず参加したくなるイベントを立ち上げる、効果的に顧客に訴える文章を書くことなどが、難しくなります。

その理由は、本講座を受講すればわかりますが、良いコンセプトは「顧客理解」「ビジョン」などの要素について考え抜くことによって生み出されるものだからです。

本講座では、上記の2つの要素の他、4つを加えた6つの要素について学び、実際にコンセプトを作ることにチャレンジします。

さらに、講座の終盤では、コンセプトを生み出すプロセス自体にも目を向け、より良いコンセプト作成のプロセスについて探求します。

解除

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:

説明

イントロ

(1) 説明する
  • 講座の開始を宣言する
  • コンセプト・クリエイター講座を受けるとできることを具体的に示すことで期待を高める
  • 例えば、以下のような時に役立つ
    • 企画づくり
    • 商品コンセプト
    • コピーライティング
  • 楽しんで学んでいきましょうと伝える
ポイント
  • 長い自己紹介などはせず、短く説明して、スムーズに次のワークに入る
  • ゆっくり、落ち着いて話す
  • シンプルに期待を高めるように開始を宣言する

古今東西

(1) 説明をする
  • 学習のウォーミングアップをするために、古今東西ゲームを始めると伝える
  • 古今東西ゲームの説明をする
    • 古今東西ゲームとは一言で言うと、お題をあげて、お題に沿ったものをあげていくゲーム
    • 始める時に、親の人が、「古今東西ゲーム!」と言う。そうしたら、みんなで「イェーイ」と言う
    • そして、お題を言う「赤い食べ物」(手を2回叩く)。すると隣の人が、赤い食べ物 を言っていく
    • 例えば「りんご」(手を2回叩く) 。そして、また次の人が、「いちご」(手を2回叩く) という風に、赤い食べ物を言う。そんな風にしてどんどんお題に沿って、上げていきます
    • もし思いつかなくて詰まったら、みんなで「イェーイ」と言って、ハイタッチをする
  • 一度、全員でやってみて練習をする
ポイント
  • ゆっくり説明する
  • やってみないとイメージがつかないと思われる。練習をすると、全員がやり方を理解できる
(2) 古今東西ゲームをする
  • 5分にタイマーをセットする
  • 古今東西ゲームをする
ポイント
  • ゲームをしている間、やり方がわからない人がいたら、フォローする

古今東西振り返り

(1) 振り返る
  • 学習者(2、3人)に発表してもらう
    • 「古今東西ゲームと、コンセプト作成にはどんな関係があると思うか?」

商品予想ゲーム

(1)チームに分かれる
  • 3人一組に分ける
(2)学習者に説明をする
  • チームに分かれる (3人一組)
  • コンセプトから、どんな商品かを予想するゲーム
  • このゲームをすることで、コンセプト・クリエイターの視点を体験することができる
  • 商品のコンセプトが書かれた紙を配り、その紙から、どんな商品かを具体的に考えるということをする
  • 制限時間は5分
(3)商品を予想する
  • できるだけ具体的に、どんな商品かを予想してもらう。例えば
    • どんな人を対象にした商品か?
    • どんな仕様になっているか?
    • どんな機能があるか?など
  • なぜその商品だと思ったか?訊いて周る
ポイント
  • 詰まっているようであれば、「言葉から連想するものはないですか?」といった質問を投げかけて、思考を促す

商品予想ゲーム振り返り


 

無料登録(あるいはログイン)することで、ご覧いただけます。
無料登録する or ログインする場合は、こちらをクリック


コンセプトの6つの要素


 

無料登録(あるいはログイン)することで、ご覧いただけます。
無料登録する or ログインする場合は、こちらをクリック


コンセプトの要素 振り返り


 

無料登録(あるいはログイン)することで、ご覧いただけます。
無料登録する or ログインする場合は、こちらをクリック


コンセプトとはあらゆるものが指し示す一点


コンセプトとは 振り返り


コンセプト作り


コンセプト作り振り返り


論理構造


論理構造振り返り


論理構造振り返り後半


まとめ


ポケてらは

  • パーソソナルプラン
  • ティーチャープラン

の2つのプランがあります。 プラン毎で若干ご利用の流れが異なりますので、以下別々に紹介します。

パーソナルプランの場合

パーソナルプランは、あなたご自身の学習や、家族や友達など身内で勉強会を開催するためのプランです。 一度「Podcsat」に登録しておけば、あなたの学びたい時に学び始めることができます。

1. 選ぶ

あなたの学びたい「ポケてら」を選択しましょう。

2. Podacstに登録

いつでも、どこでも学べるようにするため、スマホアプリの「Podcsat」にポケてらを登録します。ポケてらのページの「iPhone、iPad、スマホ」ボタンを、iPhoneでクリックして下さい。自動でPodcastアプリが開き、登録することができます。 >Podcsatの使い方

3. 学ぶ

あとは、あなたの好きな時に「ポケてら」を再生しましょう。歩きながら音声で聞くもよし、カフェでスライドを見ながら学ぶも良しです。「倍速再生機能」「ダウンロード機能」を使って、あなたのライフスタイルに合わせて使いましょう。

 

ティーチャープランの場合

ティーチャープランは、有料講座や社内向けの教材としてご利用される方向けのプランです。講座の設計レジュメを見てワークショップの意図を学んだり、動画を見て予習をしていただくことができます。また、動画をそのまま再生することでワークショップを開催していただくこともできます。

1. 選ぶ

あなたが開催したいポケてらを選びましょう。

2.Podcsatにインストール

いつでも、どこでも予習できるようにするため、スマホアプリの「Podcsat」にポケてらを登録します。耳デミーのページの「iPhone、iPad、スマホ」ボタンを、iPhoneでクリックして下さい。自動でPodcastアプリが開き、登録することができます。
> 詳しくはこちら

3. 予習

イベントを開催するためには、ワークショップの設計意図を理解したり、ファシリテーションを行うためのマインドセット、ポイントを学ぶ必要があります。設計レジュメや講座資料をダウンロードして、必ず予習をしましょう。なお、設計のレジュメ、資料は商品ページよりダウンロードしていただくことができます。

4. 開催する

イベントを開催しましょう。当日スムーズな開催を行うために、ポケてらのビデオは必ずダウンロードしましょう。Masの場合は「MAC、パソコン」その他のパソコンの場合は「その他URL」をクリックして、動画をダウンロードしておいて下さい。

ポケてらとは?

現代の識字に相当する「メタ探求型学習」を身につける「現代の寺子屋」のための教材です。最新の技術と、古くから知られている「自ら学ぶ力を育むプロセス」を組み合わせた、全く新しい教材です。

お持ちのiPhone、iPad、スマホ、タブレットに「ポケてら」教材をダウンロードし、いつでも、どこでも再生するだけで、「現代の寺子屋」を開くことができます。

一人で学ぶ

自習自学に使うなら、倍速再生で隙間時間を有効活用できます。講師が一方的に話す講義形式ではなく、手を動かし、考える教材なので、すぐに行動して、形にしながら学ぶことができます。

「実践」を通じて学びたい人にぴったりです。

楽しい勉強会を開く

勉強会に使うなら、気心知れた友達で集まり「ポケてら教材を進行役」にして、ワイワイ楽しく、ためになる時間を過ごせます。

現代の寺子屋を開く

また、ファシリテーター ×「ポケてら」なら、学び、発見、気づきの連続のワクワクするワークショップが実現できます。

> もっと詳しく