成果をあげる習慣

¥35,000¥150,000

ピーター・ドラッカーが著した「経営者の条件」で論じられている「成果をあげる習慣」について探求する講座です。

講座の冒頭で、ある興味深い図式が提示されます。わかりそうでわからないその図式の意味は、講座が進んで、
「強み」や「8つの習慣」「ポストモダンという考え方」について議論を重ねる中で紐解かれていきます。

この図式の意味を理解した時、あなたは成果をあげるために何をすべきかを考え、行動に移すことができるようになるでしょう。
さらには、本講座を受講すれば、難解な「経営者の条件」を読みこなしていくことができるようになるでしょう。

 

解除

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:

説明

1 イントロ

(1) 話す

  • スタートの挨拶、言葉
    • しっかりと、講座の開催を宣言し、拍手などを誘って、盛り上げる
    • 議論が多い講座なので、ポジティブで話しやすい雰囲気を作ることを心がける
    • 参加者に乗ってきてもらえるようにする
    • 成果をあげる習慣を身につけて、どんなものが得たいのか?を尋ねても良い
  • 図を見せて伝える
    • 今日学ぶものは、経営者の条件を読めるようになること
    • ここから多くの知識を行動に変えること
    • このワークショップでは、「シンプルな図」で表したものを理解すること
    • この図がわかると、経営者の条件が読みやすくなることを伝える

ポイント

  • なるべく、長くならないように簡潔に進める

2 Think&Listen

(1) Good & New

1
  • 学習モードに入るために、ウォーミングアップのワークをする
  • 端的に、「良く」て、「新しかった」ことを説明するワーク
    • 些細なことで構わない
    • 例) 今日朝食べたサンドイッチが美味しかったです

ポイント

  • クッシュボールが必要
  • やり方をデモして示すと、学習者にとって理解しやすい
  • なんと言えば良いかわからない学習者がいるときは、「些細なことでもいいですよ」「今日の朝何かなかったですか?」などと介入する

(2) Think & Listen

  • Think & Listenは、思いつくまま、頭によぎったことを流れるように話すワーク
  • 支離滅裂になっても構わないので、話し続けてもらう
  • ペアになってもらい、話し手と聴き手を決めてもらう
    • このワークでは、資料を見ながら、話してもらう
    • 「そもそも・・・がわからない」と話し始めてもらう
  • 話す対象は、8つの習慣のシートを見て話してもらう
  • シートに書かれている、様々な補足(ちょっとしたグループ)などにも着目して、話してもらう
  • 話し手は2分間、早口めで話してもらう、利き手はポジティブな頷きをする
  • 交代して、それぞれ2分ずつ行う

ポイント

  • 説明しきってからではなく、「まずはペアになってください」など、行動をさせながら説明すると、説明しやすい
  • デモをすると、学習者がThink & Listenの取り組み方を理解しやすい
  • 話し手と聴き手を決めてもらう時、「朝早く起きた方から」などとこちらが言うとスムーズに決まりやすい

(3) 発表する

  • アウトプットして見た結果う振り返る
    • 2、3人に当ててて尋ねて見ることも良い
    • もしくは、様々な疑問を持ちながら、その答えを探すように受講して欲しいと伝えるなど

3 TED動画を見る

(1) 動画を見る(20min)

  • こちらの動画を見る
  • 全体で動画を閲覧する
  • 素早く準備して、動画を見る(もたもたしないことが重要)

ポイント

  • あまり説明する必要はない、自分で意味を探求してもらうことが重要
  • 8つの習慣を理解することに役立つ動画を見るぐらいの説明で良い

4 チームでディスカッション

(2) チームでディスカッション (20min)

  • チーム分けを行う
    • 3人以上、6人以下が良い
    • 適当な人数に分ける
    • 簡単なシェアをしてもらう
  • 深い探求を行う
    • TEDのスクリプトを読んでもらいながら話す
    • 5つのステップを参考に、「問いカード」をめくりながら、
    • 「たくさんの質問、疑問」を出しながら話してもらう

 


5 発表 & 途中で振り返る


 

無料登録(あるいはログイン)することで、ご覧いただけます。
無料登録する or ログインする場合は、こちらをクリック


6 全体シェア


 

無料登録(あるいはログイン)することで、ご覧いただけます。
無料登録する or ログインする場合は、こちらをクリック


7 8つの習慣探求


 

無料登録(あるいはログイン)することで、ご覧いただけます。
無料登録する or ログインする場合は、こちらをクリック


8 8つの習慣振り返り


9 ポストモダン探求


10 ポストモダン振り返り


11 成果の公式の探求


12 成果の公式探求 振り返り


13 いかに習慣とするか


14 いかに習慣とするか 振り返り


15 まとめ


ポケてらは

  • パーソソナルプラン
  • ティーチャープラン

の2つのプランがあります。 プラン毎で若干ご利用の流れが異なりますので、以下別々に紹介します。

パーソナルプランの場合

パーソナルプランは、あなたご自身の学習や、家族や友達など身内で勉強会を開催するためのプランです。 一度「Podcsat」に登録しておけば、あなたの学びたい時に学び始めることができます。

1. 選ぶ

あなたの学びたい「ポケてら」を選択しましょう。

2. Podacstに登録

いつでも、どこでも学べるようにするため、スマホアプリの「Podcsat」にポケてらを登録します。ポケてらのページの「iPhone、iPad、スマホ」ボタンを、iPhoneでクリックして下さい。自動でPodcastアプリが開き、登録することができます。 >Podcsatの使い方

3. 学ぶ

あとは、あなたの好きな時に「ポケてら」を再生しましょう。歩きながら音声で聞くもよし、カフェでスライドを見ながら学ぶも良しです。「倍速再生機能」「ダウンロード機能」を使って、あなたのライフスタイルに合わせて使いましょう。

 

ティーチャープランの場合

ティーチャープランは、有料講座や社内向けの教材としてご利用される方向けのプランです。講座の設計レジュメを見てワークショップの意図を学んだり、動画を見て予習をしていただくことができます。また、動画をそのまま再生することでワークショップを開催していただくこともできます。

1. 選ぶ

あなたが開催したいポケてらを選びましょう。

2.Podcsatにインストール

いつでも、どこでも予習できるようにするため、スマホアプリの「Podcsat」にポケてらを登録します。耳デミーのページの「iPhone、iPad、スマホ」ボタンを、iPhoneでクリックして下さい。自動でPodcastアプリが開き、登録することができます。
> 詳しくはこちら

3. 予習

イベントを開催するためには、ワークショップの設計意図を理解したり、ファシリテーションを行うためのマインドセット、ポイントを学ぶ必要があります。設計レジュメや講座資料をダウンロードして、必ず予習をしましょう。なお、設計のレジュメ、資料は商品ページよりダウンロードしていただくことができます。

4. 開催する

イベントを開催しましょう。当日スムーズな開催を行うために、ポケてらのビデオは必ずダウンロードしましょう。Masの場合は「MAC、パソコン」その他のパソコンの場合は「その他URL」をクリックして、動画をダウンロードしておいて下さい。

ポケてらとは?

現代の識字に相当する「メタ探求型学習」を身につける「現代の寺子屋」のための教材です。最新の技術と、古くから知られている「自ら学ぶ力を育むプロセス」を組み合わせた、全く新しい教材です。

お持ちのiPhone、iPad、スマホ、タブレットに「ポケてら」教材をダウンロードし、いつでも、どこでも再生するだけで、「現代の寺子屋」を開くことができます。

一人で学ぶ

自習自学に使うなら、倍速再生で隙間時間を有効活用できます。講師が一方的に話す講義形式ではなく、手を動かし、考える教材なので、すぐに行動して、形にしながら学ぶことができます。

「実践」を通じて学びたい人にぴったりです。

楽しい勉強会を開く

勉強会に使うなら、気心知れた友達で集まり「ポケてら教材を進行役」にして、ワイワイ楽しく、ためになる時間を過ごせます。

現代の寺子屋を開く

また、ファシリテーター ×「ポケてら」なら、学び、発見、気づきの連続のワクワクするワークショップが実現できます。

> もっと詳しく