META JOURNAL ver.3.0

¥30,000¥100,000

この講座は、自己刷新のための日記術(ジャーナリング)を学ぶワークショップです。

日誌は、トラウマのセラピーや、生産性の向上、創造性の発揮に効果があると研究で報告されています。それだけに、世の中には、日誌をつけるノウハウがたくさんあります。

日記を始めようと思った私たちは、数あるノウハウの中から「どのノウハウがいいか」と考えて試します。その結果、「日誌が続かない」「続いても、役立ったない」ということが起こり、挫折します。

挫折する原因は、「だれかの作ったノウハウをそのまま使う」ことにあります。

日記に必要なことは、だれかの作ったノウハウをそのまま使ったり、気持ちのせいにするのではなく、自分だけの、日誌メソッドをつくることです。

この講座では、あなたに「ぴったり」の日記メソッドを見つけます。
日々の仕事や生活にインパクトをもたらす、あなただけの日誌を手に入れませんか?

解除

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:

説明

1 イントロダクション

  • 日記を書く効果
  • 心理学でも注目されている
    • ジャーナルセラピー
    • トラウマが軽減する、ストレスが減る
    • 生産性が向上する
    • 学習効率がアップする
  • ただし、課題がある
    • 効果のよい日記は、どう書けばいいか?
    • どうやって続けたら良いか?
    • どのツールを使えばいいか?
    • 全て、その人の状況、目的によって違う
  • 大切なことは、自分の目的に「ぴったりの」ジャーナル法を作り、継続できるようになること
  • それが目的のワークショップだ

2 Good&New説明

  • クッシュボールを使って(準備してください)、良くて新しかったことと、予想外を発表します
  • 最初の1週目は「こんにちは _____ から来た ____ です。私の良くて新しかったことは ____ です。」(拍手)とします
  • 3min程度、ぐるぐる回します(拍手を忘れずに)

3 Good&Newワークの様子

  • Good & New の様子です

4 Think&Listen説明

  • Think & Listen とは「考える」と「聞く」という意味
  • 考えるために無理やり喋る。どんどん話すことで考える。
  • ペアになって、片方が話し手、片方は聞き手となる(質問などや意見は述べません)
  • 話し手はリラックスして、ちょっと早く口で話す。
  • 資料を見ながら話す
  • 聴き手はメモをする

5 Think&Listenワークの様子

  • Think & Listen を行う
  • 話し手はワークシートの項目について話す
  • 利き手は、話しを聞きながらワークシートに記入する

  • 6 Think&Listen 振り返り説明

    • 振り返りを行う

    7 まとめ

    • 様々なアイデアが出たし、聞いてみて、なるほどと思ったことがあるだろう
    • それらを日記に取り入れて、実際に試して、検証しながら、独自の日記法を編み出してもらう
    • それが、続く方法で、効果を持続させる方法でもある

    8 ジャーナルの基本構造

    • ジャーナルの4つの構造についての図がある
    • この図を簡単に説明する
    • 全ては、目的達成のために、ジャーナルを設計する
    • 道具、内容、書き方、振り返りタイミング、分析方法など

    9 ジャーナルの基本構造_ワークの説明

    • 自分が知っているジャーナル・アイデアを出しながら、4つの構造を理解する
    • 例えば、無印のPDCAの場合・・・
    • 4つの構造で、自己刷新ノートの構成を独自に考えられるようになろう
    • ワイワイ、議論をしてみて、わかったことを発表してもらう

    10 ジャーナルの構造の理解 ワークの様子


     

    無料登録(あるいはログイン)することで、ご覧いただけます。
    無料登録する or ログインする場合は、こちらをクリック


    11 振り返り ワークの説明


     

    無料登録(あるいはログイン)することで、ご覧いただけます。
    無料登録する or ログインする場合は、こちらをクリック


    12 振り返りワーク


     

    無料登録(あるいはログイン)することで、ご覧いただけます。
    無料登録する or ログインする場合は、こちらをクリック


    13 まとめ


    14 独自のジャーナルを考えよう


    15 12のシンプルなアイデア例


    16 アイデアを出して試作し、シミュレーションをする


    17 振り返り ワークの様子


    18 FILMシートの記載


    19 FILMシートの記載ワークの様子


    20 今の感想をシェアする


    21 総合説明


    22 FILMシート記入の説明


    23 FILMシートの記入とシェア


    24 FILMシートを記載する


    25 FILMシートの記載と発表


    26 総合説明


    27 FILMシート記入の説明


    28 FILMシートの記入とシェア


    29 FILMシートを記載する


    30 FILMシートの記載と発表


    31 総合説明


    32 FILMシート記入の説明


    33 FILMシートの記入とシェア


    34 3枚のシートで分析してみよう 説明


    35 3枚のシートで分析してみよう 発表


    36 メタな意識に目を向けてみよう 説明


    37 メタな意識に目を向けてみよう 発表


    38 まとめ


    ポケてらは

    • パーソソナルプラン
    • ティーチャープラン

    の2つのプランがあります。 プラン毎で若干ご利用の流れが異なりますので、以下別々に紹介します。

    パーソナルプランの場合

    パーソナルプランは、あなたご自身の学習や、家族や友達など身内で勉強会を開催するためのプランです。 一度「Podcsat」に登録しておけば、あなたの学びたい時に学び始めることができます。

    1. 選ぶ

    あなたの学びたい「ポケてら」を選択しましょう。

    2. Podacstに登録

    いつでも、どこでも学べるようにするため、スマホアプリの「Podcsat」にポケてらを登録します。ポケてらのページの「iPhone、iPad、スマホ」ボタンを、iPhoneでクリックして下さい。自動でPodcastアプリが開き、登録することができます。 >Podcsatの使い方

    3. 学ぶ

    あとは、あなたの好きな時に「ポケてら」を再生しましょう。歩きながら音声で聞くもよし、カフェでスライドを見ながら学ぶも良しです。「倍速再生機能」「ダウンロード機能」を使って、あなたのライフスタイルに合わせて使いましょう。

     

    ティーチャープランの場合

    ティーチャープランは、有料講座や社内向けの教材としてご利用される方向けのプランです。講座の設計レジュメを見てワークショップの意図を学んだり、動画を見て予習をしていただくことができます。また、動画をそのまま再生することでワークショップを開催していただくこともできます。

    1. 選ぶ

    あなたが開催したいポケてらを選びましょう。

    2.Podcsatにインストール

    いつでも、どこでも予習できるようにするため、スマホアプリの「Podcsat」にポケてらを登録します。耳デミーのページの「iPhone、iPad、スマホ」ボタンを、iPhoneでクリックして下さい。自動でPodcastアプリが開き、登録することができます。
    > 詳しくはこちら

    3. 予習

    イベントを開催するためには、ワークショップの設計意図を理解したり、ファシリテーションを行うためのマインドセット、ポイントを学ぶ必要があります。設計レジュメや講座資料をダウンロードして、必ず予習をしましょう。なお、設計のレジュメ、資料は商品ページよりダウンロードしていただくことができます。

    4. 開催する

    イベントを開催しましょう。当日スムーズな開催を行うために、ポケてらのビデオは必ずダウンロードしましょう。Masの場合は「MAC、パソコン」その他のパソコンの場合は「その他URL」をクリックして、動画をダウンロードしておいて下さい。

    ポケてらとは?

    現代の識字に相当する「メタ探求型学習」を身につける「現代の寺子屋」のための教材です。最新の技術と、古くから知られている「自ら学ぶ力を育むプロセス」を組み合わせた、全く新しい教材です。

    お持ちのiPhone、iPad、スマホ、タブレットに「ポケてら」教材をダウンロードし、いつでも、どこでも再生するだけで、「現代の寺子屋」を開くことができます。

    一人で学ぶ

    自習自学に使うなら、倍速再生で隙間時間を有効活用できます。講師が一方的に話す講義形式ではなく、手を動かし、考える教材なので、すぐに行動して、形にしながら学ぶことができます。

    「実践」を通じて学びたい人にぴったりです。

    楽しい勉強会を開く

    勉強会に使うなら、気心知れた友達で集まり「ポケてら教材を進行役」にして、ワイワイ楽しく、ためになる時間を過ごせます。

    現代の寺子屋を開く

    また、ファシリテーター ×「ポケてら」なら、学び、発見、気づきの連続のワクワクするワークショップが実現できます。

    > もっと詳しく