オンライン販売

¥30,000¥100,000

有名なオンライン販売サービスを使いこなせるようになる講座です。

本講座でも、他のIT系講座と同様に、ITを使いこなす人が自然と行っている「ITの5ステップ」でアプローチして
オンライン販売サービスの様々な機能を学びます。

ただ単に機能を「顧客体験」から考えて、サービスを使いこなすことも学びます。

解除

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:

説明

1 イントロダクション

(1)ウェルカム感をしっかり出す

  • 良い学習の場のために、参加者をしっかりと出迎える。待ってました!という感覚、受け 入れられている感覚を作ることが大切。

(2)講座の開始を宣言する

  • 「今から、オンライン販売ワークショップを開催します」
  • 「ビジネスのシステムを用意しようと思って、作ってもらおうとすると、すごくコストが かかります」
  • 「今日紹介するサービスを使えば、無料で始められて、すぐに販売し始めることができま す」
  • 「ITが苦手という人も、今日は誰でも様々なWebサービスを使えるようになる学び方を学 ぶので、安心してください」
  • 「このワークショップでは、3つのことを学びます。
    • (1) 顧客体験を考えること
    • (2) 次々 新機能をマスターできる学び方
    • (3) サービスの操作方法
  • です。
  • 「今日は、とにかくワクワク楽しんで貰えば、大丈夫です。どんどん、チャレンジしましょ う」

ポイント ワークショップは、最初のスタートが肝心です。できるだけ、シンプルに簡潔に、リズム を作るようにスタートさせていきましょう。参加者が興味があるのは、自分の成長です。 主役は、参加者です。だらだら説明しすぎるより、結果を目の当たりにして、学ばせましょ う。


2 Good & New

(1)説明

  • 「Good&New とは、新しくて良かったこと、両方を含むものを発表して、拍手をもらう ゲームです」
  • 「例えば、こんな感じです(言葉で説明するより、実際にやってみせる)」 「チームに分かれて、1周しましょう」
  • 「それでは、スタートします!どうぞ」

(2)ワーク中

  • もし詰まっている人がいたら、「ちょっとしたことでいいですよ」などと声をかける。

ポイント Good&Newは、説明を何度も繰り返すより、「実例を見る」ほうがわかりやすいです。 実例を見せましょう。もちろん、事前に考えておいたほうがスムーズですが、その場でひねり出す様子のほうが、参加者には良い見本になります。 「緊張はほぐれましたか?」と聞く必要はありません。ワイワイとした雰囲気を維持して、そのまま次のワークにスムーズに入りましょう。


3 プレゼント体験を考える

(1)説明

  • 「プレゼント体験を考える、ちょっと楽しいゲームをします。チームで協力して行いましょ う」
  • 「実際にやってみせるので、見ていてください」
  • 「例えば、これの場合・・・(実際にやってみせる)(誰かに一人に協力してもらう)」
  • 「では始めます。時間は、7分です。どうぞー」

(2)ワークをする

  • もし、詰まっているようなら、プレゼントするものは何でも良いので、難しく考えない ように伝えましょう

ポイント プレゼント体験を考えることで、次のワークの「顧客体験を考える」で顧客体験を考えや すくなります。やり方を説明する時には、デモをした方が理解しやすいです。 人によってはアイデアがあまりでない人がいるかもしれません。その時には、「正解不正 解はない」「他の人も手伝っても構わない」ことなどを伝えて、アイデアを出しやすい状 態にしましょう。


4 プレゼント体験を考える 振り返り


 

無料登録(あるいはログイン)することで、ご覧いただけます。
無料登録する or ログインする場合は、こちらをクリック


5 顧客体験を考える


 

無料登録(あるいはログイン)することで、ご覧いただけます。
無料登録する or ログインする場合は、こちらをクリック


6 顧客体験 発表会


 

無料登録(あるいはログイン)することで、ご覧いただけます。
無料登録する or ログインする場合は、こちらをクリック


7 メンタルモデル


8 メンタルモデル 発表会


9 メンタルモデル 振り返り


10 顧客体験、業務フロー改善


11 顧客体験、業務フロー改善 発表会


12 試作品1


13 試作品1 発表会


14 試作品 振り返り


15 まとめ


ポケてらは

  • パーソソナルプラン
  • ティーチャープラン

の2つのプランがあります。 プラン毎で若干ご利用の流れが異なりますので、以下別々に紹介します。

パーソナルプランの場合

パーソナルプランは、あなたご自身の学習や、家族や友達など身内で勉強会を開催するためのプランです。 一度「Podcsat」に登録しておけば、あなたの学びたい時に学び始めることができます。

1. 選ぶ

あなたの学びたい「ポケてら」を選択しましょう。

2. Podacstに登録

いつでも、どこでも学べるようにするため、スマホアプリの「Podcsat」にポケてらを登録します。ポケてらのページの「iPhone、iPad、スマホ」ボタンを、iPhoneでクリックして下さい。自動でPodcastアプリが開き、登録することができます。 >Podcsatの使い方

3. 学ぶ

あとは、あなたの好きな時に「ポケてら」を再生しましょう。歩きながら音声で聞くもよし、カフェでスライドを見ながら学ぶも良しです。「倍速再生機能」「ダウンロード機能」を使って、あなたのライフスタイルに合わせて使いましょう。

 

ティーチャープランの場合

ティーチャープランは、有料講座や社内向けの教材としてご利用される方向けのプランです。講座の設計レジュメを見てワークショップの意図を学んだり、動画を見て予習をしていただくことができます。また、動画をそのまま再生することでワークショップを開催していただくこともできます。

1. 選ぶ

あなたが開催したいポケてらを選びましょう。

2.Podcsatにインストール

いつでも、どこでも予習できるようにするため、スマホアプリの「Podcsat」にポケてらを登録します。耳デミーのページの「iPhone、iPad、スマホ」ボタンを、iPhoneでクリックして下さい。自動でPodcastアプリが開き、登録することができます。
> 詳しくはこちら

3. 予習

イベントを開催するためには、ワークショップの設計意図を理解したり、ファシリテーションを行うためのマインドセット、ポイントを学ぶ必要があります。設計レジュメや講座資料をダウンロードして、必ず予習をしましょう。なお、設計のレジュメ、資料は商品ページよりダウンロードしていただくことができます。

4. 開催する

イベントを開催しましょう。当日スムーズな開催を行うために、ポケてらのビデオは必ずダウンロードしましょう。Masの場合は「MAC、パソコン」その他のパソコンの場合は「その他URL」をクリックして、動画をダウンロードしておいて下さい。

ポケてらとは?

現代の識字に相当する「メタ探求型学習」を身につける「現代の寺子屋」のための教材です。最新の技術と、古くから知られている「自ら学ぶ力を育むプロセス」を組み合わせた、全く新しい教材です。

お持ちのiPhone、iPad、スマホ、タブレットに「ポケてら」教材をダウンロードし、いつでも、どこでも再生するだけで、「現代の寺子屋」を開くことができます。

一人で学ぶ

自習自学に使うなら、倍速再生で隙間時間を有効活用できます。講師が一方的に話す講義形式ではなく、手を動かし、考える教材なので、すぐに行動して、形にしながら学ぶことができます。

「実践」を通じて学びたい人にぴったりです。

楽しい勉強会を開く

勉強会に使うなら、気心知れた友達で集まり「ポケてら教材を進行役」にして、ワイワイ楽しく、ためになる時間を過ごせます。

現代の寺子屋を開く

また、ファシリテーター ×「ポケてら」なら、学び、発見、気づきの連続のワクワクするワークショップが実現できます。

> もっと詳しく