といラジ(旧Web寺子屋)

知識社会を乗り切るではなく「楽しく刺激的なもの」にするための基礎体力

我々が真に必要とするものは多様な専門知識を理解する能力である。
そのような能力を持つものが、知識社会における教養ある人間である。
— P.F. Trucker (Post capitalism society)


私たちが直面する社会(特に日本社会)は、3つの大きな課題があります。一つは「知識社会への移行」です。二つ目は「高齢化社会」です。三つ目は「多様化する社会」です。

その全てを解決する糸口は「現代の教養」であり「教養の教養」です。具体的には、様々な分野に精通することではなく(知識の本質と、人間の限界によってできません)、「多様な分野を理解する”能力”」です。

この「多様な分野を理解する”能力”」を持つ人を、P.F.ドラッカーは「教養ある人」と呼んでおり、これからの社会に必要であると述べています。

この講座では、野心的にも「多様な分野を理解する”能力”」のための基礎知識、教養を一緒に学ぶオーディオ講座です。

以下に、サンプル音声を用意しています。以下の音声を聞いて「面白い」と思うなら、ご参加ください。きっと、あなたの知的好奇心を満たすだけでなく、もっと仕事やプライベートに多くの実りをもたらすと確信しています。


マーケティング戦略:卵と牛乳を抜くとは?

なぜ、IT系は学ぶのが難しいか? その理由から考える「新学習理論」

教育をデザインするとは何か?から、事業の定義の重要性を知る

(現在、申し込みページを準備中です。今しばらくお待ちください)