FILM SHEET FILMシート & ジャーナル

Using FILM Theory today FILM理論を、今日から、誰でも

FILM学習理論を、もっと手軽に、様々なことに使いたいという声をいただき、簡単なツールを開発しました。

それが、FILMシートとFILM Journalです。

たった1枚のA4シートあるいは、日記に書き込むメモが、あなたの勉強、仕事、人生を豊かにする「高次な学び」を手助けします。

Background of FILM Sheet FILMシートの理論背景

FILM学習理論は、人の学習を「フィードバック制御の延長」として定義しています。組織学習の分野では、ダブルフィードバックループ学習が近い概念ですが、脳機能の観点から検討し、フィードバック制御の制御部に、再帰的なフィードバック制御回路が入り込んでいると仮定しています。

つまり、人の学習とは、このフィードバック制御構造が多段に構成されたフラクタル構造であると仮定しています。これにより、メタ認知の発生、気づき、パラダイムシフト、遺伝を超えた行動の獲得を説明しています。

この制御構造を模して、意識的にフラクタル構造を作り出すように構成したものが、FILMシートです。複雑系の科学で定義される「シンプルなルールによる複雑性」によって高度な機能が実現されていると仮定しています。

重要なことは、最小単位の構造はとてもシンプルであるということです。このシンプルな構造をFILMシートとして定義しました。このシートだけでは、PDCAなどと変わらないように見えますが、継続して利用することで(PDCAのように、やるべきことを目標にするのではなく、学習を引き越すために使うことが重要です)、より高確率で高次の学習が引き起こることが期待できます。

このFILMシートは、言葉を変えたり、アイコンだけにすることで、小学生からでも導入可能です。書き込むには、親あるいは指導者が質問をして、記入してあげることで、物心ついた子供の頃から、利用することが可能です。

FILM SHEET FILMシート

FILMシートは、以下のような「9つのマス」に書き込む簡単なツールです。

FILM SHEET v5

このシンプルなメモの使い方は、以下の通りです(詳しくは、PDFに利用方法のガイドがありますので、そちらをご覧ください)。

  1. 何かを始める前に、上部の3つを埋める
  2. 行動する
  3. 行動の振り返りとして、残りのマスを埋める
  4. 得られた気づきなどをもとに、次の行動を立てる(このときにFILMを使う)
  5. これらを繰り返し、出来上がった複数のFILMシートからパターンを見出す
  6. メタのパターン、ブラインドスポットなどを見つけ出し、行動に反映する

一見、難しそうに思いますが、繰り返し使っていくだけで、料理、英語の勉強、ダイエット、自己実現などに大きな力を発揮します。

FILM JOURNAL FILMジャーナル(日誌)

お使いの手帳、日記帳にFILMシートを埋め込む方法です。実現方法は、とてもシンプルです。以下のような縦2本、横2本の分割線を引き、アイコンをつけて、毎日の日記にメモを残します。

スクリーンショット 2017-06-26 13.12.58

ジャーナルを使う場合は、「3ヶ月先に、FILMメモ」を残すことをお勧めします。これにより、忘れた頃に振り返りを行うことができます。

この長期のFILMシートは、P.F.ドラッカーが数々のエグゼクティブやリーダーに推奨してきたフィードバック分析そのもでもあります。

Use Case 活用事例

  • 苦手な料理に
  • 英語学習に
  • 資格試験の勉強に
  • チームで働くために

Let's start FILM FILMを始めよう

下記のダウンロードリンクをクリックして、FILMシートをダウンロードしてください。