2019.612 子供の問い読書会


閲覧するには、ログインしてください 

本書の内容はもちろんですが、「問いのバリエーション」と「それぞれの効果」についてワイワイ話すことができたのではないかと思います。メタ読書になっていたんじゃないかなと思います。

また、超個人的なことですが、後半はコーヒーの飲み過ぎで一刻も早くお手洗いに行きたいと思いながらもどうすれば良いかわからない中でのファシリテーションとなり、予期せぬ弊害となりました笑