学ぶコミュニティを世界中に広げる

私たちが、心から望んでいること、情熱

こんにちは
toiee Lab 亀田です。

娘の夏風邪をもらい、喉を破壊され2週間寝込んでいました。 1週間近く、咳で眠れず、声も出せない状態でした。 (まだ、声が完全ではありません)

開き直って「日常業務を離れ、ビジョンクエストをする」ことにし、

などの書籍を読み漁り、以下のような問いを行いました。

これまで、取り組んできたことを、まっさらな気持ち、ゼロベースで考え直した結果、

これこそが、toiee Labしかできない、そして「私たちが、真に望んでいること」だと、洞察を得ました。

※ 洞察(インサイト)とは、自分を説得する必要がない結論のことです

予期せぬ成功と、予期せぬ失敗

オンライン上で、二つの「スクラム」を開催してきました。一つは、「プログラミング」、もう一つは「ラーニングファシリテーション研究会」です。

改めて実感したことは「学習効果」が非常に高いことです。ワークショップに積極的に参加した方は、メキメキと能力が伸びました。さらに、自習勉強会、お茶会などで「友達」になり、専用SNSで情報交換を行い、

なっていきました。

その結果、数人の方は、 キャリアチェンジができました。具体的には、製作代行の仕事を受け、学びながら収入を得ることができました。受注先からは、信頼を獲得しています。

しかも、苦しんで、耐え忍んで能力をつけたわけではありません。学ぶこと自体が楽しく、毎回のワークショップ、自習勉強会では、笑顔、笑顔、笑顔です。

副作用も、素晴らしく良いです。6ヶ月を通じて、お互いに助け合ってきた結果、昔からの友達のように仲良くなっています。お互いに遠く離れていても、旅行で近くに寄ったら、お茶をするほど、仲良くなりました。

もっと素晴らしいことは、「多様性を受容し、お互いに貢献し合うコミュニティ、場」が生まれたことです。年齢、職業、地域、生い立ちが違い、少しずつ考え方も違います。それでも、それを尊重し、その違いがあるからこそ、よく学べるという場が醸成されています。

参加者が口々に言ってくださるのは、

ということです。

つまり、予期せぬ成功として、 学ぶコミュニティが生み出せたことです。生まれたら良いなぁと思っていましたが、想像以上でした。

まとめると、他の教育サービスにはない、私たち独自の強みは、

チーム学習 + 様々な工夫によって、

ということです。私たちは、単に何かができるようにするための教育ではなく、「人の人生を豊かにする大切な仕事」に携われていることに、とても嬉しく思っています。

スクラムのデメリット

一方で、6ヶ月の長期プログラムでは、たくさんの課題、デメリットも明らかになりました。

大きく分けて3つの問題、デメリットが生まれました。

  1. 乗り遅れる人が出てくる
  2. 学んでいる最中に、学びたいものが変わる
  3. 学習者の「今学びたいこと」に答えづらい

1. 乗り遅れる人が出てくる

6ヶ月もあると、途中で仕事が忙しくなったり、予想していなかった生活の変化によって、学び続けることができなくなる人が出てきました。

例えば、「今回の機会に!」と申し込んだはいいが、スタートの2ヶ月は、年始で忙しくて、何もできなくて、浦島太郎状態になってしまった人がいました。

他にも、ある学校関係の方は、3月末、4月は超多忙で、1ヶ月以上、コミュニティから離れてしまいました。

このように「6ヶ月をフルで参加し続ける」というのは、とても難しいことがわかりました。

2. 学んでいる最中に、学びたいものが変わる

次に、6ヶ月の間、様々なことを学び、チャレンジをしていくと、「学びたいもの」が変わってきます。WordPressで製作代行をすると決めた人は、

が、必要になってきます。製作代行というゴールが見えた人は、PHP言語の細かいことを行う前に、上記の3つが学びたい!となります。

このように長期で取り組んでいる間に、「用意されたカリキュラム」が、合わなくなってしまいます。

3. 学習者が「今学びたいこと」に応えられない

何事も「鉄が熱いうちに打つ」と良く学べます。学んでいる最中に、「これ学びたい!」となったら、その学びたいものを「そのタイミング」で学び始められれば、学習効果は何倍にもなります。

6ヶ月のスクラムでは、このような柔軟性を確保するのはとても難しいです。もちろん、最大限の努力はしました。

プログラミング・スクラムなのに、マーケティング4.0を学んだり、わかりやすい文章のワークショップを開きました。

しかし、やはり限界があります。

ミニ・スクラムの「予期せぬ成功」

このような課題が明らかになる中、新しい取り組みをしました。それが「ミニスクラム」です。

ミニスクラムは予想に反して、すごく盛り上がっています。期間は1ヶ月です。短いためカリキュラムもシンプルになります。そして、学ぶ側も「気軽にスタート」できます。1ヶ月で終了するため、出遅れたら「次の機会」に参加することができます。

1ヶ月のシンプルなスクラムなので、自分が「今学びたいテーマ」のものに、同時に複数参加することができます。つまり、「今学びたいもの」「今必要と思うもの」を選びながら、学び続けられます。

もし、本格的なスクラムだと、こうは行きません。6ヶ月取り組むぞ!とコミットして、相対的に高くなる参加費を支払い、食らいつく必要があります。学ぶものも多様さを確保できません。

ミニスクラムという「サイズを小さく、シンプルにする」小さなイノベーションによって、「真の学習者中心設計」を実現できる可能性が見えました。

真の学習者中心設計 = 大学の聴講生

この2週間、風邪で寝込みながら「あらゆることを白紙」から考え直すことにしました。最新の「予期せぬ成功」も参考に、あらゆることを疑って考え直しました。

その結果が

です。

イメージとしては「大学の聴講生」です。

スティーブ・ジョブズが学んだ方法

スティーブ・ジョブズは「養子」でした。彼が養子に出される時、生みの親は、養子先に「大学を通わせること条件」に出しました。その約束を守って、スティーブ・ジョブズの親は、高い学費を支払い、ジョブズを大学に通わせました。

ところが、大学に進学したジョブズは、「ここにいる意味がない」「授業が面白くない」 「しかも、親に多大な負担をかけている」ことを気に病んで、退学しました。

退学したジョブズは、大学の「聴講生」になりました。

学生は成績を取得するために、必ず授業に出席し、課題をこなす必要があります。決められたカリキュラムに従って受講する必要があります。ところが、聴講生は「自由に、好きな授業を聴講」することができます。

ジョブズは、自分の興味の向くまま、様々な授業を受けました。学部の垣根を越えて、あらゆる分野を学びました。

それが、世界を変えるようなイノベーションの種になりました。

(詳しくは、スティーブジョブズの伝説のスピーチをご覧ください。本当にオススメです)

ジョブズが、学んだ方法こそ、ごく自然な方法です。興味、関心、情熱に従って、興味のある「ミニスクラム」に飛び込む。そこで、ともに学びあう友人を作る。そして、また次のミニスクラムで出会う。そうやって、「あなたに本当に必要なスキルや知識」を自分で構築していく。

これこそが「理想」だと思っています。

既に実現し始めています

このような「学ぶコミュニティ」は、実は既に動き始めています。toiee Labの中ではもちろんのこと、

世界中に、広がり始めています。

参加者は、伝統的な農家、社会起業家、育休中のママとその旦那さん、SE、サッカーコーチ、ダンサーなどなど、多種多様です。

既に現実は立ち現れています。あとは、toiee Lab が「チーム学習にフォーカス」して「学ぶコミュニティ」を作ることにフォーカスするだけです。私たちが、コミットするか、しないか、それだけだと思います。

学ぶコミュニティを醸成し、その中で、様々なテーマのミニスクラムが開催されていて、「自分が今学びたい」と思ったものに参加し、学ぶ。自然で、情熱に従う学び方を実現できると確信しています。

そして、このような学ぶ方法を、子供達にも広げたいと思っています。子供達は、好奇心の塊です。それを無理やり押し込めて、意味もわからない状態で、熟語を覚えさせたりするのではなく「興味、関心、情熱」で、学びたいものから学び、広げていく。そんな教育を実現したいと願っています。

一緒に「学ぶコミュニティ」を作りませんか?

私たちは、世界を支配したい、市場を独占したいという欲は全くありません。そもそも、そんなことは不可能ですし、傲慢です。私たちのゴールは、

です。

例えば、「ある地域コミュニティで、学ぶコミュニティを作る」や、「町クラブのサッカーコーチの学ぶコミュニティ」など、多種多様なコミュニティがあるべきだと考えています。

従って、私たちと同じように「学ぶコミュニティ」を生み出したいと思ってくれる方には、

を提供していきたいと考えています。お互いに情報交換して、切磋琢磨して、新しい学びを「当たり前」にしたいと考えています。

もし、あなたが「学ぶコミュニティ」に興味がありましたら、以下のリンク先のフォームにて「学ぶコミュニティ・ニュースレター」にご登録ください。

ニュースレターでは、最新の実践例、運用ノウハウ、WordPressプラグインの紹介などを行っていきます。

また、特別な「スクラム教材を使える権利」に関しても、詳しくお伝えします。

あなたの参加をお待ちしております。 (メールアドレスを登録するだけでOKです。ニュースレターが届きますので、お楽しみに)

学ぶコミュニティー・ニュースレター

チーム学習の最新の実践例、運用ノウハウ、WordPressプラグインの紹介などを行っていきます。

追伸 :

私は、「チーム学習メソッドによって、良い学ぶコミュニティー」が広がり、当たり前のものになった時、世界は変わるし、人類が進化すると思っています。

世界に誤解が蔓延し、ナショナリズムに傾倒し始め、極右・極左の政党が支持を集め始めています。世界はグローバル化の結果、分断も進みつつあります。

もし、国を越えて学びあうコミュニティがつながれば、グローバル化を厄災ではなく、大きな前進に変えることができると確信しています。

私は、大学はずいぶん前にやめましたが、研究者のモットーである「研究とは、人類の進化に貢献すること」は忘れたことがありません。どんな小さなことでも、いつも「人類の進化」という妄想に近い、嘲笑されそうな目的意識を持って、仕事をしてきました。

もし、あなたが

に興味がありましたら、ニュースレターにご登録ください。 伝えたいことは、山ほどあります(笑)。

学ぶコミュニティー・ニュースレター

チーム学習の最新の実践例、運用ノウハウ、WordPressプラグインの紹介などを行っていきます。

いいね: