バラバラだったチームが、ともに学ぶ仲間になる

仕事を始める前の「5分」が、チームを変える

入社してから、少し前まで、ずっと悩んでいることがありました。

それは、「若者メンバーだけでは、うまく働けない」ことです。

商品企画のアイデア出しや、新規プロジェクトの会議のために、亀田(リーダー)以外のメンバーが集まり、口を開くと

そんな状況でした。
しかし、「あるツール」を使うようになってから

ようになりました。

仕事を始める前に、たった5分シート書くだけでこんなにも変化するのであれば、「もっと早くに使っておきたかった」と、心底思いました。笑

本日は、どのような方法で「バラバラだったチームが、ともに学ぶ仲間」になったのかを、ツールの紹介とともにお伝えします。

同じようなことで悩んでいる

の何かお役に立てば嬉しいです。

平均24歳の若者集団、どちらが正しいかの主張合戦

ある日、「若者メンバーだけで」商品の企画を考えていた時のことです。

アイデア出しをしていると、いつもナイスアイデアを思いつくAさんが

A:「出張で講座を開催するなんてどう?」

と、その日も真っ先にアイデアを出しました。
すると、その意見に対してリーダー的な存在のBさんが

B:「いや、出張だと移動費や宿泊費とかの費用がかかるから、負担が多い。一週間のフォローアップをつける方が(お客さんにも、こちらにとっても)良いんじゃない?」

それに対して、Aさんが

A:「でも、一週間もフォローアップをすることになると、他の仕事に支障が出そう・・・。」

B:「時間を区切ってやればどうにかなるんじゃない?」

A:「出張の方が、短期間で済むし、交通費や宿泊費を移動時間を考えると、出張講座の方が良いと思うけど?」

・・・・

と、最終的に話し合いは、

という状態になり、見かねた亀田がやってきて、一緒に企画を考えることになりました。これは、今回だけの話ではなく「いつものパターン」で、

そんな「亀田(リーダー)抜きでは働けない」状況でした。

なぜ、対立するのか?

これらの問題が起こる原因は、

「俺、私が正しい」を主張する→第三のアイデアを出し、やってみて結果を確認するという『検証する姿勢』がないこと

です。

アイデア出しをしているとついつい、「この(私の)アイデアの方が、きっとお客さんに喜んでもらえるぞ」と、議論が白熱し、いつしか「俺が、私が正しい」の意見の主張し合いに陥ってしまいます。

でも、実は、意見を言い合っている2人は、元をたどれば互いに「お客さんのことを考えてアイデア」を出しています。

どちらか一つではなく、2つのアイデアの良いところを掛け合わせた「第3のアイデア」が出せると良いですよね。

例えば今回であれば、

第3のアイデア:

とすると、お互いの良い点を掛け合わせたアイデアで、コストをかけずに(懸念点を解消し)、お客さんに喜んでもらうことができます。

先人の知恵を借りる

でも、このように、自分たちで「第3のアイデア」を生み出すことができれば理想的ですが、議論が白熱している中「どうやって、アイデアを掛け合わし、検証するのか」が、分からないですよね。白熱している議論に口を挟んで、巻き添えを食らいたくはありません。

そんな時に活躍するのが、以下のツールです。

toiee Labでは、上記のツールを活用するようになってから、対立ではなく「お互いの意見を聞き、第三のアイデアを出し、検証してみる」という習慣が身につきました。

しかし、上記のツールには「1つ欠点」があります。

習得までに時間がかかる

上記に挙げたツールは効果はありますが、使いこなせるようになるには、少し時間がかかります。時間をかけていられない、すぐに解決したい方には、最適なツールではありません。

そこで、本日は「すぐに、チームに導入でき、なおかつ効果の高いツール」を紹介します。

このツールは、toiee Labで毎朝活用され、今では、なくてはならない愛用ツールです。

たった10分書くだけでチームの生産性が一気に上がる

「FILMシート」という一枚のシートを、毎朝、仕事を始める前に記載するだけで、toiee Labの若者メンバーは

ようになりました。

所用時間は、慣れていけば「5分ほど」で書けます。
では、以下「FILMシート」について詳しく説明します。

FILMシートとは何か?

ToDoを管理して効率的に働くだけではなく、「自己刷新」をするために、仕事やプライベートの記録を残し、自己を分析し、成長し続けるためのツールです。

FILMシート

4つの特徴

(1)デジタルではなく「アナログ」。紙を一枚印刷するだけで、すぐに実践できます。
(2) Todo管理、仕事術ではなく、「自己刷新」のためのツール。自己刷新のために、仕事ややることを管理するので、「Todo管理 & 自己刷新」に繋がります。
(3) 超シンプルなルールを土台に、独自にルールを工夫する。特定の「こうしなさい」はありません。あなたのための使い方を自分で作ります。
(4) 物理的なノートも、どんどん工夫する。カバーをつけたり、要素を増やしたり、色をつけたり、紙を貼り付けたり。加工しながら使います。

チームでFILMシート

チームでFILMシートを記載することで、自然と

ように設計されているので、

その結果、シートを書き続けると、自分の意見の主張ではなく、やってみて、そのアイデアが良かったのかどうかを「検証する姿勢」や、自分の意見が正しいの言い合いではなく、「チームで考える」癖が身につきます。

対立していたメンバーが「ともに学ぶ仲間」に変わります。

ぜひ、騙されたと思って一週間試してみてください。
きっと、変化があるはずです。

さっそく、明日からの活動にFILMシートを活用しよう!

(1)チームで「FILMシート」を記載する:この時に、誰か一人ではなく、チームメンバー全員で「期待する結果」「プロセス」「仮説・前提」を考えて記載する。
(2)行動する:実際にチームで仕事に取りかかる。
(3)検証する:本当に、そのアイデア(行動)が良かったのかを振り返りを行う。この時に、一つの仕事が終わった後や、午前の仕事終了後など、「細かくチームで振り返りを行う」ことがポイントです。

ワンポイントアドバイス:これまでの経験から、期待する結果には「学習」を入れ、プロセスに「取り掛かる仕事」を入れると、仕事のスピードが格段に上がります。(詳しくは、また別の記事でお伝えします)

例えば、期待する結果に

プロセスに

などを入れます。

すると、一見仕事の効率が下がるような気がしますが、先人の知恵や、すでに体系化された知識を学び、仕事に活用することで、驚くほど仕事が捗ります。ぜひ、試してみてください。

チームで「FILMシート」活用しよう!

以下の「ダウンロードボタン」から、FILMシートをダウンロードできます。ぜひ、チームでFILMシートを活用してください。

](https://live.toiee.jp/filmsheet/)

追伸:
シートをうまく活用したいけど、

という声をいただいたので、「2週間チャレンジ」を作っています。

2週間チャレンジでは、「FILMシート活用の三日坊主を防ぎ、有効活用していただくためのヒント」を二週間にわたってお送りします。

準備が出来次第、ご案内します。

お楽しみに。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください