【LIVEパートナー講座10】LIVEパートナーになると何ができるのか?

ミッション、ビジョン、顧客、成果、アクションプラン

【LIVEパートナー講座10】LIVEパートナーになると何ができるのか?

ミッション、ビジョン、顧客、成果、アクションプラン

※現在は、募集していません

LIVEパートナーとは、toiee Labと同じミッション、価値観を共有する「多様性ある、緩やかな組織」です。LIVEパートナーに参加すると、以下のようなことが可能です。

1, パートナー向けに のみ に提供される「講座のレジュメ」を使って、講義、講座ができる
2, toiee Labが開発した講座を参考に、ご自身の講座をグレードアップできる
3, toiee Labが開発した講座を複数組み合わせて、独自の講座、コースを作って提供できる
4, toiee Labのビジネス支援が受けられる
5, あらゆる分野のパートナーと繋がり、意見交換ができる
6,パートナー限定の様々な割引(THE LIVE講座が無料で受講できる、講座研究会の割引、撮影会の割引など)が受けられる
7, 各地で開かれる勉強会に参加できる

などが可能になります。

ただし、以下のような「参加資格」を理解し、同意していただく必要があります。

1. ミッションと、価値観の共有

LIVEパートナーは、私たちの研究成果の大部分を共有します。そして、それらを自由に使えるような権利をお渡しします(詳しくは、ライセンスについて(後述)をごらんください)。

自由かつ、生産的な「チーム」として機能したいので、以下のようなミッション、価値観に共感できる方のみ、ご参加下さい。

ミッション

toiee Lab のミッションは、 「学ぶ喜びを通じて、社会を前進させる」 ことです。そして私たちは、 「自学力を育む教育」 を仕事とします。

価値観

短期的に「あれをしろ、これをしろ」や「これが正解、とにかく正解をなぞること」を強要するような教育や、「理解するのではなく、覚えてでもいいから、資格に合格させる」という教育を断固拒否します。

たとえ、顧客が「短期的、結果重視」で短絡的な教育を望んだとしても、それを提供することを拒否します。

その代わり、「対話」を通じて、問題の定義を見直し、「自学力を高める教育」の方が、最終的に本人のためになることを時間をかけてでも伝える努力をすることを選びます。

これらが、私たちの「ミッション」と「価値観」です。
以下に、要約したものを列挙します。

要約

・我々は、学ぶ喜びを通じて、社会を前進させます
・我々は、どんな教育の場面も「自学力」を育む機会として利用します
・我々は、ただ覚えるだけでなく、理解し活用する大切さを伝えます
・我々は、人間本来の学習メカニズムを理解し、それを通じて学習の生産性を上げます
・我々は、人間尊重と成果を両立させます
・我々は、多様性を受容する場を大切にします
・我々は、相互理解と創造を何よりも大切にします
・我々は、変化を良しとし、変化から学ぶことを常とします
・我々は、自らが模範になることを第一とします

2. ライセンスについての考え方

LIVEパートナーに参加すると、私たちが設計した「講座のレジュメ」や「実際の様子を納めたビデオ」「講義資料」などを自由に使えるようになります。

これらの素材を使って、以下のことができます。

1, 設計通りに講座を行うこと(収益を得て構いませんし、社内で開いても構いません)
2, 講座を組み合わせて、新しい講座、コースを設計し講座を行う
3, ご自身の講座のグレードアップに利用する(設計などを参考に、独自講座に応用しても構いません)

かなり、自由に講座を利用することができます。ただし、以下のようなことはできません(そのような方は、そもそも入会していないと思いますが)

1, 講座レジュメを、そのまま第三者に販売する、インターネットなどで、toiee Labに無断で公開すること
2, toiee Labの著作物を、ご自身の完全なオリジナル作品のように資料を改ざんすること
3, toiee Labを講座を参考に設計した、あなたの講座を第三者がアレンジする際に、極度に狭いライセンス契約を求めること

などです。

法的な明確な契約文書は用意しませんが、ソフトウェアにおける MITライセンスのようなものです。
ルールは明確です。

学術論文のような形式をとります。具体的には、

・受講者が、発展的に学習できるように、 toiee Lab の講座をベースにしていると伝える
・あるいは、資料などに、 toiee Lab の著作権リンクを残したままとする

私たちは、知識社会においての「ライセンス」や「著作権」について考え直すべきだと思っています。知識は、他の知識を土台にし発展し、進化します。また知識は、現場で成果を上げるために「柔軟であること」が求められます。

そこで、以上のような考え方を持って、講座のレジュメ、設計などをご利用いただきます。
もし、ご不安があれば、事前にご相談ください。

上記のようなライセンスで困ることがあるとしたら、「あなたが、極めて制限の多いライセンスビジネス、教育フランチャイズビジネスを行う予定があるとき」だと思います。

このような方は、知識社会と知識の本質を理解していないため、どちらにせよ、ライセンスビジネスはうまくいかないと思います。

知識は使われる時点で流出し、成果を上げるためには変化を必要とします。知識は広く流通することで価値を増やし、それが原因で、やがては陳腐化します。つまり、継続的に「知識をアップデートする組織」を作らない限り、ライセンスで縛っても、先が見えているということです。

3. ビジネス支援について

LIVEパートナーは、フランチャイズビジネスではありません。各自が自分ブランドを作り、ビジネスに研究成果を活用してください。

ただし、間接的ですが、以下のようなものが、ビジネス支援になると思われます。

・全国の LIVEパートナー、THE LIVE受講者コミュニティー(以下、コミュニティ)による各種の勉強会、講座研究会

コミュニティでは勉強会、講座研究会、学習理論研究会を行なっています。その中で、マーケティング、コピーライティング、ロジカルシンキング、集客アイデア作りなどのワークショップなども行います。

これらに参加することが、ビジネス支援につながると思います。

また、toiee Labは、独自のオンラインコースを提供しています。

・Word Press+α講座(製作代行ができるレベルまでのスキルを習得)
・マーケティングマスター講座(時代の変化に合わせたマーケティングが行えるようになる)
・ビジネスシステム構築講座

しかし、私たちは、学習者が効果的に学ぶ最善の方法は、実際に人が集まって学ぶ「オフラインの学び」だと信じています。

そこで、これらのオンラインコースの内容を、オフラインでも学べるように「チーム学習教材」を作成します。パートナーの方は、これらの教材の購入も行っていただけます。
また、オンラインコースの受講者の方へ、オフラインの講座の紹介をさせていただきます。これによって、パートナーの「集客サポート」ができます。

また、新規客の獲得につながるかもしれません。

4. 特典について

LIVEパートナーになると、様々な特典があります。時々によって変わるので、全てを列挙することはできませんが、以下のような特典があります。

・THE LIVE講座の受講、再受講が割引価格
・toiee Labパートナー限定の勉強会、講座研究会に参加できる
・教材作成のためのテスト講座、撮影会に参加できる
・各種の講座などの割引がある

【まとめ:LIVEパートナーに成ると何ができるのか?】
(1) LIVEパートナーは、ライセンスビジネスではない
(2) 目の前の生徒の成長にフォーカスする
(3) 講座は自由にアレンジして良い、組み合わせてもいい、独自のものを作っても良い
(4)パートナーとして活動するためのサポート、特典を準備


コメントを残す