toiee Lab とは?

今、教育はあちこちで崩壊している。

多くの人が、「学校では何も学べなかった」と感じているし、社員研修でも、「早く、仕事に戻りたい」と思いながら受講している。

また、余暇を削って、オンライン講座を受けても、何も身につかないと感じている。

それはなぜか?

教育の仕方が古いからだ。

同じ動作をただ繰り返すだけの単純労働と、考え・工夫し・新しいものを生み出すような「知的な活動」は、全く違う。

それなのに、今の教育は、「単純労働用の教育方法」を、無理やり「知的な活動の教育」に使っている。

義務教育では、正しい答えにたどり着く、正しい解き方をなんども訓練し、用意されたハードルを超えていく。これはまさに、単純労働のための教育に他ならない。

そして、社会に出たら急に「自分で考えて、新しいものを生み出してくれ」「その方法も自分で考えてくれ」と言われる。

当然、多くの人が困惑し、自信を失い、失意する。

しかも、間違った教育方法が原因だとすら気づかず、「やる気がない」「教え方が悪い」「最近の若者は」と、生徒や先生、社員のせいにしたり、自分には才能がないと諦めたり、心の病になったりする。

単に「新しい教育方法」が必要とされているだけである。

新しい教育学が必要とされている

そこで我々は、知的な活動を学べるようにする「新しい教育学、学習理論」を構築した。

その結果、私たちは「学べなかったものを、学べるようにする」ことに絶対の自信を持っている。

学校、教室、オンライン講座などで、挫折したことでも、私たちのところに来れば、学べるようになると、確信すらしている。

それだけでなく、「新しいことに挑戦し続ける勇気」「信じることを貫く情熱」そして「相手の可能性を、相手以上に信じる仲間」すら、手にしてもらえるとワクワクしている。

我々の真の強みとは?

しかし、それらは、我々の強みではない。

我々の強みとは、「その人なりの一歩は、大いなる前進である」と信じていることだ。人と比べる必要など、微塵もない。

この信念が、その人に勇気を与え、次の一歩を生み出させ、情熱を引き出し、他者の勇気すら引き出す。

これこそが、人が、人にできる最も重要な貢献の一つだ。

つまり、我々のコア・コンピタンスとは、「相手の可能性を、相手以上に確信している」ことである。

それが、toiee Lab そして、「といてら」を一つに束ねる結束力の源である。

あなたが、学びたかったものに、もう一度、チャレンジしてみませんか?