HAIKからWordPressへは移行できますか?

HAIK (QHMの後継機) から、WordPressへ移行したい方向けの情報をまとめています。以下を参考にご検討ください。

メモ: 2017年11月現在の状況です。HAIKなどの最新情報は、HAIKサイトなどをご覧ください。また、他社様のサイトの状況については、「あくまでもこちらで確認したところ」であり、正確ではありません。そのことを理解の上、ご覧ください。

前提知識

HAIKについて

以下のことを、まずご確認ください。

WordPress について

WordPressは、オープンソースで開発され、自己責任で無償(無料)で利用できる。有料のプラグインやテーマなどを購入することで、様々なことができる。無料でも、多くのことが可能である。情報も多い。

ただし、WordPress のインストールは、若干難しい面がある。

HAIK と WordPress は、全く別

HAIKから、WordPressに移行すると、使い勝手は完全に変わる。全く別のソフト、設計思想なので、完全に違う操作となる。

WordPress特有の使い方を学ぶ必要がある。HAIKよりも、使いやすい部分もあれば、理解できるまでは、難しく感じるところがある。

HAIK vs WordPress

以下のような違いがあります。

比較

項目 HAIK WordPress
シンプルさ 非常にシンプル 操作が複雑
設置 簡単 自動インストールを使えば簡単
引っ越し 簡単 難しいが、プラグインを使えばかなり解決する
操作が簡単 簡単 慣れが必要
高速動作 基本的に早い 状況によっては遅い
月額費用 2,000円(無料も可能) 基本的に無料
高度な機能 あまりない 豊富
ユーザー数 少ない 世界最大
アップデート 少ない 頻繁
安全対策 少ない(更新も少ないので) 多い
自己解決情報 少ない 多いが混乱する
有償サポートの対象 HAIKチームのみ 世界中

HAIK が、おすすめの人

HAIKは、本当にシンプルです。 もし、現在のHAIKで満足している人は、WordPressに移行する必要は全くありません。そのままHAIKを愛用してください。

おそらく、以下の3つの点で不安に感じている人がいるかもしれません。

  1. HAIKの未来が心配
  2. 月額費用がもったいない
  3. WordPressの方が優れたデザインができるんじゃないか?

以上の 3つの心配、不安は、全く考慮する必要はありません。
全て杞憂です。

HAIKの未来が心配について

HAIKは、月額課金制度によって運営されています。

したがって、ユーザーが減り続けない限りは、サポートとメンテナンスは続きます。 あなたが、HAIKを愛用し続ける限り、ずっと使い続けられる可能性が高いでしょう。

仮にHAIKの開発が止まったとしても、QHM同様、使い続けられますし、その時になって初めて別のシステム(例えば、WordPressに移行)すれば良いでしょう。

今、満足しているなら、移動する必要は全くありません。


月額費用について

次に、「月額費用がもったいない」という人がいます。

もし、HAIKで作ったWebサイトに満足していて、会員サイトの情報やサポートサービスを便利に利用しているなら、 費用対効果で考えてください。

きっと、あなたの貴重な時間を節約できているはずです。その節約できている費用が、月2,000円以上なら、投資は回収しています。無駄に費用を削減しようとすると、余計に費用がかさむ可能性があります。

ビジネス投資として、論理的に考えて意思決定することが大切です。


WordPressの方がデザイン性があるは幻想

最後に、WordPressにするとデザインが良くなるは、「幻想」です。WordPressのデモサイトは、美しい写真、考え抜かれた文字数、アイコン、レイアウトで作られています。

WordPressのテーマを入れた時、おそらく「すごく美しいサイトが立ち上がる」と夢見ているかもしれませんが、それはありません。おそらく、がっかりするでしょう。

つまり、 「作り込み」がなければ、WordPressを使ったからといって、綺麗なデザインにはなりません。

WordPressがおすすめな人

幅広く使われているWordPressを自由に扱えるようになるメリットがある人は、移行すると良いでしょう。例えば、

など、「単にWebサイトを作るだけでなく、もうちょっと」という方は、WordPressが向いています。

WordPressは、「テーマ(見た目)」や「プラグイン(拡張機能)」によって、

が大きく変わります。したがって、

ということが大切になります。それさえできれば、使いこなすことは可能です。

HAIK から移行する注意点

段組について

HAIKの段組デザインを維持したままWordPressへ移行を行うには、WordPressで使用するテーマがBootstrapを読み込んでいる必要があります。

WordPressのテーマがBootstrapを読み込んでいない場合は、「Bootstrap Shortcodes」というプラグインをインストールし、有効化するとBootstrapが読み込まれ、HAIKの段組が実装されます。

デザインについて

HAIKのデザインは、移行を行うと基本的に全て失われ、WordPressで使用しているテーマのデザインに切り替わります。

「HAIKのデザインが気に入っていて、変更は嫌だ」という方は、ご注意ください。

失われるデザインの例は、以下の画像のピンクの部分などです。

再編集時の注意

段組されている部分を再編集するには、

という方法があります。

HTMLを書き換えるには、知識がある方しかできないので、プラグインを使うことがオススメです。

上記でも登場した「Bootstrap Shortcodes」を使うと段組を簡単にすることができるので、再編集の際はこのプラグインを使って、1から段組部分を作り直してください。

Bootstrap Shortcodes の使い方は、 こちらをご覧ください。

移行サービスについて

移行代行サービスで、弊社が使用しているWordPressのテーマは「Sydney」です。

「Sydney」は、Bootstrapベースで設計されたテーマなので、段組はプラグインを入れなくても、再現されます。

デザインは、Sydneyのものに変更されますが、シンプルで癖の少ないテーマです。

toiee Lab のおすすめ

関連する耳デミー

関連するポケてら