メール送信のための設定

WordPressでフォームを設置したり、何らかの通知メールを使う場合、SMTPサーバー設定を行うことがオススメです。レンタルサーバー、ドメインの仕組みから、メールが届かない場合などにも有効です。

メモ: なぜ、届かないか?については、様々な要因がありますが、基本的に2つだけです。1. サーバーがメール送信機能を持っていない、 2.MXレコードの参照が間違っている
メモ: 基本的にレンタルサーバー上から、プログラムによってメールを送ると、迷惑メールになる可能性が高いです。また、安いレンタルサーバーでは、一日に100通以上はメール送信できません。月額1,000円以上でも、300通程度など制限が多いです。 一般的に、ここで説明する「外部のメール送信サーバー(SMTP : Send Mail Transfer Protocol) を使うことが一般的になっています。

手順

1
WP Mail SMTP by WPForms プラグインをインストールし、有効化する

https://ja.wordpress.org/plugins/wp-mail-smtp/

(70万ダウンロードされているので、このプラグインが一番おすすめです)

2
編集画面から、 設定 > メール と移動する

3
メール詳細設定を行う

From Email : あなたのメールアドレスを入力する(gmailやyahooなど)

From Name : あなたの企業の名前やサイトの名前を入力しましょう

メーラー : 「WordPressの全てのメールをSMTP経由で送信する。」にチェックを入れる

Return Path : 「Set the return-path to match the From Email」にチェックを入れる

4
SMTP設定を行う

 

SMTP Host:あなたの使用しているメールサーバーのホスト名を入力する(各メールサーバー毎に入力する内容が違うので、下記の「補足」を参考にして入力してください)
項目 説明
SMTP Port あなたの使用しているメールサーバーのポート番号を入力する(各メールサーバー毎に入力する内容が違うので、下記の「補足」を参考にして入力してください)
Encryption 「SSLを使用する。」を選択する
Authentication 「はい: SMTP認証を使用します。」を選択する
Username メールサーバーに登録しているメールアドレスを入力してください(各メールサーバー毎で設定が異なる場合がありますので、下記の「補足」を参考にして入力してください)
Password メールサーバーに登録しているパスワードを入力してください(各メールサーバー毎で設定が異なる場合がありますので、下記の「補足」を参考にして入力してください)

補足

Google Apps(Gmail)の場合

項目 設定内容
SMTP Host smtp.gmail.com
SMTP Port 465
Encryption 「SSLを使用する。」を選択する
Authentication 「はい: SMTP認証を使用します。」を選択する
Username あなたのGmailのメールアドレスを入力してください

XServerの場合

SMTP Host:
設定完了メールに記載されている「メールサーバー」を入力してください。
※サーバーパネル内「サーバー情報」に記載の“ホスト名”と同一です。
例)sv***.xserver.jp

SMTP Port:465

Encryption:「SSLを使用する。」を選択する

Authentication:「はい: SMTP認証を使用します。」を選択する

Username:
メールアカウントの追加にて設定したメールアドレス(ドメイン名を含む)を入力してください。

例)[email protected]
例)[email protected]

詳しくは、 こちらのページをご覧下さい。

Password:
メールアカウントの追加にて指定したパスワードを入力してください。

詳しくは、 こちらのページをご覧下さい。

Yahoo!メールの場合

SMTP Host:smtp.mail.yahoo.co.jp

SMTP Port:465

Encryption:「SSLを使用する。」を選択する

Authentication:「はい: SMTP認証を使用します。」を選択する

Username:あなたのYahooのメールアドレスを入力してください

Password:あなたのYahooにログインする際のパスワードを入力してください

関連する耳デミー

関連するポケてら