「難しい本も、読めそうと思った」

今日の講座に参加して、これまで手をでせなかった難しい本を読めそうだなと思っています。

理由は、本の読み方が増えたからです。今日学んだ「子供の問い」や「スローリーディング」は、読書していて「?」と感じ読めなくなったときに使える新しいアプローチだと思います。実際、講座の中で使ってみると、今まで読めなかった箇所が、以前より理解できた気がしました。

今まで諦めていた本を、もう一度読んでみたいと思いました。
(20代 男性会社員)

「チームで読むインパクトを感じた」

この読書会で感じたことは「チームで読書をするインパクト」です。1人で読めなかった本でも、同じ参加者の方と読み合って意見交換したり、読み方アイデアを共有し合うことで、すごく読めた気がします。さらに、同じ文章でも感想が人によって違うので、本を読むことを通じてお互いの理解につながるなと思いました。帰ったら、会社の同僚と生産性に関わる本を、一緒に「子供の問い読書」をして、ワイワイするのが楽しみです!

(30代 男性会社員)

いいね: