WordPressを使うなら必ず「メール送信設定」を行おう

WordPressでフォームを設置したり、何らかの通知メールを使う場合、SMTPサーバー設定を行うことがオススメです。レンタルサーバー、ドメインの仕組みから、メールが届かない場合などにも有効です。

なぜ、届かないか?については、様々な要因がありますが、基本的に2つだけです。

  1. サーバーがメール送信機能を持っていない、
  2. MXレコードの参照が間違っている

基本的にレンタルサーバー上から、プログラムによってメールを送ると、迷惑メールになる可能性が高いです。また、安いレンタルサーバーでは、一日に100通以上はメール送信できません。

月額1,000円以上でも、300通程度など制限が多いです。 一般的に、ここで説明する「外部のメール送信サーバー(SMTP : Send Mail Transfer Protocol) を使うことが一般的になっています。

手順

1. WP Mail SMTP by WPForms プラグインをインストール

WP Mail SMTP by WPForms

WP Mail SMTP by WPForms プラグインをインストールし、有効化する

WP Mail SMTP by WPForms


(70万ダウンロードされているので、このプラグインが一番おすすめです)

2. 編集画面から、 設定 > メール と移動する

設定方法

3. メール詳細設定を行う

メールの設定

4. SMTP設定を行う

補足

Google Apps(Gmail)の場合

XServerの場合

詳しくは、 こちらのページをご覧下さい。

Yahoo!メールの場合

 

もっと詳しく学びたい方へ

インターネットの仕組みを理解することで、今回紹介したような「SMTP設定」を含む、Webサイトを公開、運営するために必須の作業を「それは必要だよね」と自然と発想できるようになります。

という方は必見です。

興味のある方はぜひ、耳デミー「ドメイン、通信の仕組み」を使って学んでみてください。(クリックすると、内容の一部を視聴していただくことができます。)

耳デミー・ドメイン、通信の仕組み