1. Home 更新情報 KBの更新 おすすめプラグイン 2017年7月

おすすめプラグイン 2017年7月

toiee Lab おすすめプラグイン一覧 2017年6月

以下、toiee Lab がWordPressを作るときに作成する「必須プラグイン」リストを紹介します。なお、他にも色々入れていますが「これは、必須」と思うものをあげておきます。

Admin Menu Editor

管理画面のメニューの順番、表示、非表示を変更するためのプラグインです。プラグインを様々インストールすると、徐々に「散らかって」きます。そこで、良く使うものを上に移動させたり、同じようなものは近くに並べたりします。

Admin Menu Editor

Cloudflare

toiee Lab ではCloudFlareというDNSを使っています。設定が簡単で、早く行き渡るし、キャッシュで高速化などが可能です。ただし、キャッシュすることで、WordPressのデザインの変更が直ぐに反映されない時があります。

そんな時は、キャッシュをPurge (解放する) という作業が必要です。最近のアップデートで、CloudFlareとWordPressが連携して、自動でPurgeをしてくれるようになりました。

Cloudflare

Download Manager

ファイルをダウンロードしてもらいたい時は、意外にあります。レポートをダウンロードしてもらったり、その他様々。そんな時、便利なのがこのプラグインです。自動でダウンロード数の計測なども行なってくれます。

Download Manager

Jetpack by WordPress.com

WordPressを開発しているチームが作成したプラグインです。様々便利な機能をつけてくれます。その中でも便利なのが「関連記事」表示です。

他にも、統計を取ってアクセス解析データを見せてくれます。

Jetpack by WordPress.com

TinyMCE Advanced

こちらもWordPressを開発しているチームが作成しています。近々、グーテンベルグという名前で、別のエディタが出てくるそうですが、まだまだ現役です。

装飾機能を強化したいときに使います。

TinyMCE Advanced

WP Multibyte Patch

日本語などの全角文字を使うときに必要なプラグインです。内部でいい感じに働いてくれます。細かいことは置いておいて、「有効」するべきプラグインです。

WP Multibyte Patch

WP-Mail-SMTP

WordPressの問い合わせフォームや、その他の通知が迷惑メールにならないために、レンタルサーバーからメールを送るのではなく、自分が契約しているメールサーバーからメールを送るようにすると良いです。

WP-Mail-SMTP

WPForms Lite

お問い合わせフォームで有名なのは、Contact Form 7 ですが、結構使いづらいです(高機能なので、開発者向けです)。そこで、もっとシンプルに簡単に作れるプラグインを最近は使っています。

それが、WPForm Lite です。

WPForms Lite

Add A Comment